猫アレルギー持ちでも猫は飼える?猫アレルギーが治る、抑えるとかありえるのか

猫の毛

猫アレルギーがあるけど猫を飼いたいという悩みを持った人必見です。

私は生まれつきアレルギーが多く、猫アレルギーもその一つです。ですが、猫は大好きで猫のいる生活に憧れていました。

そんなある日、母が野良猫を保護して連れて帰ってきた事により、猫アレルギー持ちの私が猫と暮らす日々が始まりました。そんな私の体験談です。

猫と暮らし始めの数日の症状をお話しします。

目は充血し、とても痒いです。鼻水とくしゃみが止まらず、ティッシュの山を作りました。箱ティッシュを1日一箱使います。猫と一緒に寝る日は喘息が再発した日もありました。

大変な数日でした。猫と一緒に寝る日は咳が止まらない時もありました。

毎日、アレルギー用の薬を朝晩飲んでいます。ですが、アレルギーは治りません。

猫を飼い始めて一ヶ月。症状に変化がおき始めます。ゼイゼイとしていた咳が止まるようになりました。薬は一ヶ月前と変わらず飲み続け、毎晩同じ部屋で寝ていました。

状況は飼い始めた時と変わらないのですが、気がつくとだんだん症状が治まってきます。

不思議だなとも思っていました。

猫を飼っている友達に聞いてみると、その友達も猫アレルギーを持っていましたが、猫と暮らす事によって治ったそうです。

猫を飼い始めて三ヶ月。目が痒くなくなってきました。相変わらずくしゃみと鼻水は止まりませんが、目の充血が治りました。

そして、猫を飼い始めて半年。今では猫アレルギーが嘘のように治りました。

猫と一緒に幸せに日々を送っています。ただ、抜け毛の時期になるとくしゃみと鼻水が少しでますが、なんてことありません。

私の猫アレルギーは猫と暮らす事で、治ってしまいました。慣れたのかもしれません。医者等へは通っていないので、治った要因はわかりませんが、このエピソードがある事で猫アレルギーに苦しんでいる人を救えればいいなと思っています。

また、猫アレルギーが収まる人もいれば治らない人もいると思います。完全に個人差があると思います。あくまで参考程度にしてください。

アレルギー持ちでも猫は飼える?

私は33歳独身女性です。私はもともと喘息、アレルギーもちで動物は飼っていませんでした。しかし、猫が大好きで、小さいころからずっと猫を飼いたいという気持ちはありました。

数年前の話になりますが、当時付き合っていた彼氏と同棲したことがあります。その際に彼が猫を飼っていたので、その時に初めて猫と共同生活をしました。一軒家に離し飼いです。

猫と一緒に住むと聞いて、最初はとても嬉しかったです。しかし、猫と生活するにあたって、私のアレルギーが治るわけもなく、猫によってアレルギーが発症し、くしゃみや鼻水がとまりませんでした。

なので、耳鼻科に通っていました。耳鼻科でもらった薬を飲んでいれば何とか症状はおさまりましたが、もちろん治ったわけではなく、常に薬を飲まなければいけない状態でした。これはちょっと長い目で見ても、精神的にきついなあと思いました。

また、妊娠した際は薬を飲めなくなるので、それも厳しいなあと思いました。

さらに、猫は爪とぎをするため、家じゅうの壁はボロボロ、ソファは中の綿が飛び出すほど、見事なまでにやられてました。それに、猫はなかなかなつきませんでした。私が歩み寄ってもどこかへ避けて行ってしまうし、確かに皆が言う「気まぐれ」なのが猫なのだなあという印象をもちました。

猫の飼い方のアドバイスとしては、そういったことを踏まえて、猫に過剰な期待をしないことです。

犬の場合はしつければ何とかなりますが、猫はトイレしかしつけられません。(逆にこれがすごいと思います)猫によっては人見知りせず甘えてきてくれるかもしれませんが、そのようなことは稀だと思います。

子猫から飼い始めると少し懐いてくれるかもしれません。また、綺麗すぎる家には向かないと思います。壁など悲惨なくらいにガリガリに削られますし、新築の家やマンション、アパートなどではとても飼えたものではありません。ペット可のマンション、アパートに住みましょう。

彼氏が突然猫アレルギーになった

友人が一人暮らしをきっかけに猫を飼い始め、一年ほど経過した頃におつきあいする相手ができました。

その方も猫が好きというきっかけで知り合ったため、友人が飼っている猫ともとても仲良くしていました。ところが、2年ほどおつきあいしたのちに突然猫アレルギーになってしまったのです。

あまりにも突然でふたりともびっくりしており、もともと猫が好きだったお相手の方は、かなりショックを受けていました。

また、二人が結婚を考え始めていた頃でもあり、結婚して二人で暮らし始めるとなると猫を手放さなければならないことにかなり悩んでいました。

猫アレルギーを治す方法はないのか、猫アレルギーでも猫を飼いながら一緒に暮らすことができないのか、いろいろな情報を集めて、希望が持てることは試してみたようです。しかしどれも猫アレルギーを改善するには至らず、一緒に暮らすことはNGになってしまいました。

とても可愛がっていた猫だったので、友人は手放すことをしたくないと言い、結婚しても別居で、という話まで持ち上がったそうです。けれどもちろんそんなことを二人の両親は理解してくれませんでしたし、どちらの両親も猫を引き取るということは言ってくれなかったそうです。

里親を探したいけれど、会いたいときに会えるようにすることはできないのか、親しい友人がどうにか飼ってくれないかとあたっていたようですが、なかなか都合よく飼ってくれる人は見つからず、お相手の方も「そこまで猫が大切なら」と結婚を見送る選択を提示してきたようです。

彼女は猫と結婚相手のどちらかを選ばなければならない状態になりました。

そんなとき、ある携帯アプリを通して知り合った方が、里親になってくれると連絡があったそうです。

定期的に写真や動画も送りますよ、そちらが負担でなければ、少々遠方だけど遊びに来てもらっても構わないというお話で、あまりの好条件に半信半疑で連絡を取り続けた結果、その方に猫を飼ってもらうことに決めたとのことでした。

友人は無事結婚し、日々猫の写真や動画を見ながら2ヶ月に一度ほど会いに行っています。

里親の方とはとても親しい友人になり、始めはどうなるかと思った悩みが、今は新しい交友関係を作ってくれたすばらしいきっかけになったと喜んでいます。

関連記事:

猫を飼うのは大変?猫を飼い始める前に知るべき注意点,心構え,準備(餌や病気)

小さな子供(赤ちゃん・幼児)がいる場合は、猫と離して飼う!猫の居場所を確保

猫アレルギーの人が猫を飼っている我が家に遊び来た結果!大丈夫だった?