獣医さんに聞いた!猫の歯茎が腫れている歯周病の治し方や予防

猫の病気

猫の口の顔を近づけて臭いを嗅ぐと生くさいような臭いがしたことがありませんか。もしかしたら歯周病かもしれません。

友人が飼っている猫は歯周病で歯茎が腫れてしまいました。私も歯茎が腫れたことがあるのですが痛くてつらいです。猫もきっと痛くてつらかったと思います。

たかが猫の歯周病と思うかもしれませんが、放置していると歯が抜け落ちてしまうことがあります。歯が抜け落ちたらカリカリしたフードを食べにくくなります。きちんと食べないと体が弱ってしまいます。

また、歯周病菌が作り出す毒素が歯茎の血管に入り込み、血液にのって全身を巡ってさまざまな疾患のリスクを高めることもあります。

友人は猫の歯茎が腫れていることに気が付いて獣医さんに診てもらいました。そのとき、獣医さんが市販の商品を紹介してくれたそうです。

紹介してくれたのは、普段猫が飲んでいる水に混ぜるだけでよいマウスクリーナーです。歯磨きできるとよいのかもしれませんが、猫は口の周りを触られるのを嫌がるので歯磨きをするのが難しいです。そんなとき、このマウスクリーナーは便利です。殺菌剤や化学物質を使わずに作られているものがあり、こういったものなら安心できます。

そして、猫にヨーグルトを与えるのもよいそうです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が口内最近のバランスが整います。与えるのはスプーン1杯です。砂糖やフルーツなど入っていないものを与えます。猫によってはヨーグルトが好物になることもあるそうです。ただし、お腹がゆるくなったら与えるのはやめてください。

また、整腸剤もよいそうです。粉末や錠剤になっているものをフードに混ぜて与えます。

友人が飼っている猫はヨーグルトが好物になりました。マウスクリーナーを与え、ヨーグルトも与えることで、口臭は軽減しました。歯周病は進行していないようです。

健康を維持するためには食べることが大切です。食べるためには歯を健康に保つ必要があります。猫の歯周病にも気をつけたいですね。

<<Amazonで人気の猫のマウスクリーナー>>

<<楽天で人気の猫のマウスクリーナー>>

 

関連記事:

歯磨きを嫌がる猫へのおすすめの方法や対策

2018.05.27