猫に手作りご飯を与える!人間の食べ物の魚をあげる時の注意点、スイカも

猫の餌、キャットフード

ときどき、猫に手作りご飯を与えています。猫と人間が食べるものは違うので、与えるものには気をつけています。

猫は魚が好きなイメージがありますよね。ですが、猫の祖先は小動物を捕獲して食事をしていて、魚は獲って食べるようなことはありません。猫は水が苦手で川や海に入って魚を獲ることはないのです。魚を食べるようになったのは、人間の食べ残しなどをエサとしてもらうようになったからです。日本の猫はかつお節を喜ぶけれど、アメリカの猫はかつお節を与えても喜ばないと聞いたことがあります。このことからも、もともと猫は魚を食べなかったのかもしれませんね。

でも、うちの猫は魚が好物です。手作りご飯で魚を与えることもあります。

魚を与えるときには注意が必要です。

まず、生の魚は与えない方が望ましいです。寄生虫の心配があり、軽度なら命に問題はありませんが、重篤な症状を起こして死に至ることがあります。

また、生のマグロにも注意が必要です。猫はもともと穀物を摂取しないため、穀物などに多く含まれる糖質をエネルギーに変えるために必要なビタミンB1を多く持っていません。生のマグロにはビタミンB1を破壊する酵素が含まれていて、もともと猫がビタミンB1をあまり持たないのにさらにビタミンB1が不足することになります。この酵素は加熱をすると破壊されるので、加熱したものなら問題ありません。

しかし、加熱してもマグロの与え過ぎには注意をしなければなりません。

青魚には不飽和脂肪酸が多く含まれていて、不飽和脂肪酸を多く摂りすぎるとイエローファットという症状を起こしてしまいます。猫の脂肪組織が炎症を起こして黄色くなってしまう症状で、皮下脂肪のしこり、触ると痛がる、歩き方の異変などの症状が乱れます。人間にとっては不飽和脂肪酸は健康によいといわれていますが、猫にとっては摂りすぎがよくないのです。

うちの猫は魚が好きなので好きなものをたくさん与えたいけれど、与え過ぎると猫の健康に影響を与えるので気をつけています。

※注意点

エサに関する注意点ですが、我が家では昔から俗にいうカリカリ(キャットフード)をあげてましたが、魚系の缶詰やウナギなど猫が大好物なものをエサとしてあげると、しばらくカリカリを食べなくなってしまったという時期がありました。

普段食べているカリカリが主食だとすると、後者の方はかなりのぜいたく品です。しかも栄養やカロリーもあるのでブクブク太ってしまう恐れもあります。太ると病気にもなりやすいですし注意が必要です。

鰹節の与えすぎには注意!

猫に鰹節、そんな言葉があるくらい猫の好物として広く知れ渡っていますし、我が家で飼っている猫もやはり料理をしている時に鰹節で出汁を取ろうとしただけで、匂いに敏感に反応するほど強く興味を示しています。

実際トッピングしてあげることもありますし、やはり喜んでもりもり食べてくれるので、食欲が落ちている時などには重宝しているアイテムです。

ただ、猫の身体に人間の食べる鰹節はあまりよくないという声も聞かれていて、健康面への影響が気になってもいます。しかし、いろいろと自分なりに調べてみましたが、猫にとっては食べてすぐに体調を崩してしまうような毒性のあるものではないことがわかりました。

とはいえ、与えかたには注意が必要になってくるもので、おやつやフレーバーにと利用しすぎてしまうことには気をつけていかなければならないと理解しています。

まず、栄養面から見ると、元々猫用に与えているフードにプラスして食べさせることで、ミネラル過多になりやすい傾向にあります。

ミネラル自体は猫にとって骨や筋肉の成長、維持に欠かすことができない栄養素です。しかし、過剰摂取になってしまうと吸収しきれず、腎臓に負担がかかりやすくなります。

猫は元々腎臓の病気にかかりやすく、特に高齢猫が不調を感じやすい臓器です。尿路結石などの病気を引き起こしたり、腎臓の働きが弱まって腎不全などの重篤な病気の原因にもなります。

こうしたリスクをしっかりと理解した上で、鰹節を上手く利用していくようにすることが大切です。

うちでも決してあげすぎないように、欲しがったら1日に1回ドライフードの上に振りかけてあげるようにしています。飼っている猫は関心を示さなかったのですが、猫用の塩分少なめのものも売られていますので、そちらにも興味を示すようであれば切り替えるのがおすすめです。

猫に何を食べさせるかは、飼い主の責任になります。猫に喜んでもらえるように、かつ健康を害さないように適量を与えていくようにしてください。

猫にスイカを与えても大丈夫?

夏になるとスイカを食べたくなります。甘くてみずみずしくておいしいですよね。

私がスイカを食べていると猫がじっと見てきます。食べたいのかなと思うのですが、猫にスイカを与えても大丈夫なのか心配です。

そこで、猫にスイカを与えてもいいのか調べてみました。

スイカには猫に害を与えるような成分は含まれていません。しかし、与え過ぎには注意が必要です。

スイカには糖分が多く含まれています。猫はもともと糖分を多く必要としないので、糖分を与え過ぎると糖尿病の心配があります。人間にとっては問題ない量でも猫にとっては危険になることがあるのです。

また、甘いものを与えたら喜ぶかなという気がしますが、猫は甘味をあまり感じないので甘いものを与えたからといって喜ぶことはありません。スイカは甘くておいしいから喜ぶかなと思ったのですが、そうではなかったのですね。

それからスイカのカリウムにも注意が必要です。カリウムには利尿作用があり、余分な水分を排泄してくれる働きがあるのですが、腎臓に問題がある猫の場合は腎臓からカリウムをうまく排泄できないので、高カリウム血症になる心配があります。腎臓に問題がある猫には与えないでください。

スイカはおいしいのですが、種を取るのが大変です。メロンのように一か所に種が固まっていれば取りやすいのですが、散らばっているので種取りが面倒に感じます。でも、猫に与えるときにはきちんと種を取り除かなければなりません。種は消化できないので胃に負担をかけるし、腸閉塞を起こしてしまうこともあります。

けれども、スイカは水分補給に役立ちます。猫はもともと水分をあまり摂らず、排泄器のトラブルを起こすことがあります。こういったことを防ぐためにしっかり水分を摂って欲しいところです。スイカは水分が豊富なので飲み水から水分を摂ってくれないときは、スイカを与えるとよいかもしれません。

少量なら猫に与えても大丈夫そうなので、種を取って1口分だけ与えてみました。そうしたら食べてくれました。喜んでいるのかはわかりませんが、一緒のものを食べられることが私にとってはうれしいです。でも、与え過ぎには気をつけてください。与える場合は1口、2口くらいにしましょう。

関連記事:

猫の食い逃げや盗み食いを止めさせる!人間の食べ物や餌を食べられないように工夫をしましょう。

2018.04.06

【猫がデブ、肥満】猫のダイエット方法や病気の体験談!餌の種類,糖尿病,尿路結石

2017.11.08

猫が餌を食べなくなった!食べない時は餌を変えてみたり混ぜてみる工夫を

2017.07.24