高齢なシニア猫に白髪ができた!年寄り猫の場合は年齢が原因?

猫の飼い方

猫も白髪がでてきます。友人が飼っている猫は高齢で、白髪がちらほらと見えるようになってきました。猫も白髪がでるとは知らなかったので、友人の猫を見たときには驚きました。

白髪がでてくる仕組みは人間も猫も同じです。

毛はもともと白くて、そこにメラニン色素がつくことで毛の色が生まれます。メラニン色素を作る力が落ちたり、メラニン色素を作るために必要な栄養素などが不足をすると、白髪がでてくるようになります。

白髪自体は問題なのですが、白髪がでてくるということは老化がはじまっているということなので、若いころとは違ってお世話が必要になってきます。

特に気をつけたいことはフードトイレです。

食欲が落ちてきていませんか?

高齢になると固いフードを食べにくくなったり、食欲が落ちて今までよりも食べる量が減ることがあります。固いものが食べにくそうなら、お湯でふやかしたりウェットフードを与えたり、今までのフードを見直してみましょう。シニアフードに変えるのもいいかもしれませんね。シニア猫に必要な栄養素やカロリーが考えられているし、シニアでも食べやすくなっています。

ただ、いきなり慣れていたフードから変えると警戒して食べないことがあるので、今まで与えていたものの量を少し減らして新しいものを少し足して、徐々に切り替えていくとよいでしょう。

<<Amazonの猫のシニアフード>>

<<楽天の猫のシニアフード>>

 

猫が気をつけたい病気が尿路結石症です。排尿時に痛がる、頻繁に排尿をする、など普段とは違った行動がみられたら獣医さんに相談してください。

また人間も歳をとると立ったり座ったり腰を曲げたりすることがつらくなりますが、猫も首を下げて食事をしたり水を飲むことがつらくなってきます。高さのある食器を使ったり台に食器をのせるなどして高さを調節してあげると楽になります。

高齢になると健康面が気になってきます。猫は病気になっても自分から教えてくれないので、定期的に動物病院で検診を受けておくと安心できます。

歳をとってくると若いころとは変わってくるので、それにあわせて猫のお世話をしていつまでも健康に長生きして欲しいですね。

関連記事:

【猫の尿路結石の病気】餌「療法食」を食べない時の一工夫!

2017.12.03

【尿路結石症の原因と予防方法】餌(フード)を変えたり水分を飲ませる工夫

2017.11.19

【高齢なシニア猫の飼い方】年寄り猫の病気(認知症),餌(キャットフード),老化介護

2017.09.06

年寄り猫,老化猫,高齢猫が食事、ご飯、キャットフードを食べない時に私が実践した対処法

2017.09.06