猫がアロマキャンドルの匂いや香りがダメな理由「肝臓が悪くなる」

猫の病気

お部屋に優しいアロマの香りが漂うと心もリラックスできるのでアロマキャンドルは女性の間ではとても人気になっています。

私もアロマキャンドルが大好きで特にラベンダー系やシトラス系のアロマキャンドルを好んでお部屋に焚いて楽しんでいました。

そんな時に、我が家の7歳の愛猫が体調を崩したのです。

食欲がなくなってどことなく元気が無いので獣医さんのところへ連れて行きました。7歳と言う年齢からもなんらかの病気が隠れているかもしれないということで血液検査をしてもらったのですが、その検査結果では肝数値の上昇がでていたのです。

でも、何故肝数値が急上昇して異常値を出していたのかは、はっきりとはその時点ではわかりませんでした。強肝剤を飲ませたりして様子を見ていたのですが3ヶ月後も数値は相変わらずでした。

そんな時に何気なく猫の雑誌を見ていたら、アロマキャンドルを焚いているお家の猫が肝臓を悪くしてしまうケースがあるので要注意と言うアロマキャンドルの危険性についての注意喚起の記事だったのです。

その瞬間、うちの愛猫の原因不明の肝数値の情報とすぐに結びつきました。

急いで病院に電話をして獣医さんに、この話をしたら先生も、アロマキャンドルが原因かもしれないとおっしゃったのです。すぐに日頃から愛用しているアロマキャンドルをすべて使わないようにして1ヶ月ほど様子を見ました。

2ヶ月目に改めて血液検査をしてもらうと、なんと肝数値がわずかに下降線を辿っていたのです。

この時点で、この原因不明の肝数値の上昇はアロマキャンドルが犯人だと確定しました。あの時に雑誌の記事に出会っていなかったら、今ごろ愛猫は肝臓をどんどん壊してしまい最悪の事態になっていたかもしれません。

猫にとってはアロマキャンドルのアロマオイルに含まれている成分は毒素となり肝臓で毒素を処理しきれないのだそうです。犬はアロマは肝臓で処理できるので猫にとってはまさに命に関わるものなのでした。

猫のいるお宅では、絶対にアロマキャンドルは使用しないように気をつけてくださいね。アロマでゆったりとリラックスタイムがなくなるのは悲しいですが、大切な猫の健康のことを考えたら飼い主としては当然、そちらを優先すべきだと思います。

関連記事:

獣医に聞いた!猫が口臭い時、歯茎が腫れている原因の歯周病の治し方や予防

2018.07.21

猫のうんち(うんこ・糞)やおしっこが臭い!くさいトレイのにおいを消す方法

2018.06.08

猫のおしっこやうんちでゴム袋からにおいが漏れて臭い!新聞紙や消臭剤でもダメならこれがおすすめです

2018.04.07