猫に噛まれた!引っ掻かれた!傷口から血が出て菌が心配なので病院に行きました

猫の病気

猫に噛まれたときの対処法

猫の爪切りをしているとき、猫に手を噛まれてしまったことがあります。少し爪を深く切ってしまって出血したので、猫がビックリしたのだと思います。

猫にはかわいそうなことをしたなとは思いますが、手を噛まれてしまった私もビックリしました。

さいわい、噛まれた部分の傷は浅かったので、それほど出血はしませんでした。けれども、念のために(人間の)病院に行きました。

ちょっと噛まれたくらいだから大丈夫だろうと安心してはいけません。

猫の歯は小さいのですが犬歯は鋭く、皮膚に深く刺さって細菌が侵入する恐れがあります。猫に噛まれて入院が必要になったケースもあるようです。受診が遅れると噛まれた部分が腫れあがって、入院期間が長引く可能性があるので、噛まれたらすぐにでも病院に行きましょう。

そして、噛まれた部分は傷口をふさがないようにしてください。傷口をふさいでしまうと、傷の中で菌が繁殖してしまいます。膿がでたり、腫れあがることもあります。

ケガをしたときは、たいてい絆創膏を貼りますよね。でも、これは猫に噛まれたときにはやってはいけないことです。出血は少ないし絆創膏でも貼っておけば大丈夫だろうと思って傷口をふさいでしまう方もいるようですが、傷口は絶対にふさがないでください。

猫に噛まれたら、まずは傷口を洗います。そして、膿がたまらないように傷口はふさがず、できるだけ早めに病院に行きましょう。

猫に噛まれてしまうと、怖くて触れなくなってしまう方もいるのではないでしょうか。でも、噛まれたときの対処法を知っていれば怖くはありません。対処法を知って、猫との生活を楽しみましょう。

でも、噛まれないようにすることが一番です。理由もなく猫が強い力で噛むことはありません。猫に噛まれたときは、何かにビックリしたり、嫌なことをしたということが考えられます。

猫の気持ちを考えながら一緒に生活をしていれば、むやみに噛むことはないでしょう。猫も人も幸せに暮らしたいですね。

猫にひっかかれた時の対処法

室内飼いの猫でも爪は結構バイキンが繁殖していることが多いので気をつけた方が良いと思います。というのも、うちの3歳の猫は遊んでいる時につい爪を立ててしまう癖があるのです。

その日も、いつも通り愛猫と一緒に遊んであげていてレスリングごっこみたいになりました。遊びに興奮してしまったため、爪がたまたま私の腕に当たってしまい、かなりざっくりと引っかき傷ができてしまいました。少量の出血がありましたが、大丈夫だろうとそのままにしていたのです。

すると翌朝になって、腕が痛くて目をさますと腕が二倍近くに腫れ上がっていたのです。

これにはびっくりして、すぐに前日のひっかっき傷が原因だと気づきました。すぐに皮膚科に飛び込んで診察をうけたら、猫の爪にいるパスツレラ菌などがこういう悪さをすると説明を受けました。パスツレラ菌なんて聞いたことがなかったのですが、猫には爪や歯にこの菌を持っていることが多いのだそうです。

たとえうちのように家猫でも同じなんだそうです。自然に治ることもあるそうですが、やはり抗生剤をもらってしっかり治療しないとヤバイらしいです。

私も抗生剤の飲み薬と塗り薬をもらって、1週間ほど薬を飲み続けたところ少しずつ腫れも治ってきてホッとしました。

猫は長年一緒に暮らしてきた経験がありますが、こんなことは初めて驚きました。やはり私のその時の体調なども関係あったのかもしれません。いずれにしても、猫に引っかかれたり噛まれたりしたら、それが遊びだったとしてもすぐに、傷口をしっかり洗うことをおすすめします。

傷口さえ洗って菌を流して、その後抗生剤の軟膏などをつけておくと、それだけでも何もしないよりはマシです。

少しでも腫れがでてきたり熱を持ったりしたらすぐに皮膚科に行って治療してもらうことが肝心です。甘くみているとリンパ節炎など悪化してしまう可能性もあるので要注意です。猫の方も、こまめに爪を切ってあげてなるべく清潔に保たせるようにした方がいいですね。

関連記事:

猫がテレビやパソコンの配線を噛む!ケーブルやコードをかじるのを止めさせる方法

2018.05.15

猫の噛み癖問題!猫が噛む、噛み付く、甘噛みする理由と止めさせる方法

2018.01.01