室内猫を外で散歩や遊びをさせた方が良い?猫を外に出す時の注意、気を付けること

猫の外出、脱走

猫を部屋で飼っているのだけれど、たまには外に出した方が良いかな?

庭に散歩として、外に出そうと思っているんだけど、何か注意することや危険なことはある?

と疑問に思っている人に向けて、ここでは実際に猫を外に放って問題が発生したことのある飼い主さんたちの体験談とアドバイスを紹介します。

最低限注意と覚悟を持って、外に出してあげましょう。

1.室内飼いの猫を外に出すことのリスクやデメリット

室内で猫を飼っていると、猫がどうしても屋外に出たがってアピールしてくる場合があります。

はじめから、室内で飼うことを前提として猫を飼っている場合には、どんなに猫が外に出たがっても絶対に外には出さないという飼い方は、正しいと思います。

一方で、捨て猫などの野良猫を拾った場合や屋外で半放し飼いにされていたような保護猫を飼う場合には、自分が飼うことになって屋外に出られなくなるのはかわいそうだという思いから、少しだけでも屋外に出してあげるような飼い方も、正しいと思います。

しかし、いざ、室内飼いの猫を屋外に出すとなると、少なくとも二つのリスクが伴います。

①まず一つ目のリクスは、猫が行方不明になることです。

ちょっと目を離した隙にいなくなってしまうようなことや、猫を見ていたとしても、その素早さに反応できずに逃げられてしまうといったことは、決して珍しいことではありません。

②そして二つ目のリスクは、猫にノミやダニがつくことや、他の猫の病気をうつされることです。

そこで、このようなリスク対策が必要になります。

一つ目のリスクについて、一番良い方法は、リードを使うことです。リードには、首輪に付けるタイプのものと、体に固定するタイプのものの2種類がありますが、猫さえ嫌がらなければ体を固定するものを使った方がより安全です。

ただし、私の猫の場合は、首輪を付ける時期をのがしてしまいましたので、いざ首輪を付けてみると、外出どころではなく転げ回って嫌がり、体を固定するタイプのものも使ってみたのですが、全く動けなくなってしまいました。

それでは、かえって猫にとってはストレスになると思い、何も付けずに庭に出していますが、いつでも捕まえられるように常に身構え、片時も目を離さないといった状況です。

子猫のうちに首輪に慣れさせておけばよかったと、今ではとても後悔していますので、猫を室内で飼う際には、首輪を付けることをおすすめします。

また、二つ目のリスクについては、猫を屋外でどこまで自由にさせるかによって、その程度に違いがあると思います。ノミやダニについては、白いセメントの張られたような場所であれば、見つけられる場合もありますが、その動きを見極めるのは容易なことではありません。

したがって、あらかじめノミやダニの忌避剤を使用するか、約1か月に1回程度、定期的に駆除剤を使用した方がよいでしょう。

また、猫風邪などのウイルス感染に対しては、予防接種をしておくとよいでしょう。

いずれの場合も、自分で何とかしようとするのではなく、専門の動物病院に行く方が、猫にとっても安全・安心できるもので、特に、ノミやダニについては、通販や市販薬の方が高価な薬もあります。私の猫の場合も、動物病院に処方してもらった薬の方がよく効き、しかも安く済みました。

室内飼いの猫を屋外に出すためには、あらかじめ、このような二つのリスクがあることを知った上で、事前にその対策を取るか、または、事後にケアする必要があるということを十分理解しておく必要があるでしょう。

2.猫は外に自由にさせた方が良いか?私の猫は病気にかかった。

昔からペットと言えば猫と犬が主流ではないかと思いますが、昔ながらの飼い方では、猫は外と家を自由に行き来させ、犬は首輪をして番犬として庭で飼うと言う形だったと思います。

現在は小型犬のブームや、マンションで飼育する家庭が増えたため、犬を室内飼いにしている家庭が増えているかと思いますが、猫はどうでしょうか?

我が家は過去に犬も猫、その他いろいろな動物を飼育していますが、15年ほど前までは犬と猫は昔ながらの飼い方をしていました。しかし現在は、犬も猫も完全室内飼いをするようになりました。

何故我が家が猫を完全室内飼いするようになったかと言うと、猫免疫不全ウイルス(FIV)、通称猫エイズに近所の外猫たちの間で流行してしまい、我が家で飼っていた猫のうちの一匹も、菌を保有しているよその猫との喧嘩でできた傷から感染し、エイズを発症してしまったからです。

感染してしまった我が家の猫は既に老猫だったため、発症したものの余生を静かに過ごし、平均的な寿命で亡くなりましたが、病気でできた口内炎や免疫が低下して風邪を良く引いたりしている姿はかわいそうでした。

同じ病気を他の猫に感染させないために、我が家の猫は全て外に出すのをやめ、また家の中でも病気の猫と他の猫と接触しないように注意しました。

外に出さないようにしてからは、猫たちが運動不足になって健康を害さないように、キャットタワーやちょっとしたアスレチックのようなものを用意し、遊び心を刺激するような家作りにしました。

最初は外へ出られないことが猫のストレスにならないか心配でしたが、1カ月もすると猫たちは外で暮らしていたことなど全て忘れたようで、ドアや窓の前で開けることを催促して鳴くことをやめ、家の中での生活を楽しむようになりました。

完全室内飼いにして、それ以前と変化したことは、猫エイズに感染しないことはもちろん、他の感染症、例えば猫が良く感染する鼻風邪の猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)などにかかることがぐっと減りましたし、喧嘩や事故で怪我をすることも全くなくなったので、病院へ通院する回数は格段に減りました。

過去には出かけたままどこかで事故にでもあったのか、急に行方が分からなくなる猫も過去に何匹飼いましたし、車にひかれて変わり果てた姿になる猫もいました。そういった突然の別れも、完全室内飼いにしてからはなくなりました。

病気や事故を全て防ぐことはできませんし、猫を永遠に生き永らえさせることも不可能ですが、飼い主として責任を持ちできるだけのことをしてあげるためにも、猫は室内飼いにすることを私はお勧めします。

3.猫を外に出す時のトラブルや対策方法

猫は比較的、家の中で飼いやすい動物です。事故や病気を避けるためには、完全室内飼いの方がリスクが少なく、飼い主の心配事も減ることでしょう。

しかしながら、庭が広いから外で飼いたい、外で自由に遊ばせたい。という方もいますし、田舎ではほとんど放し飼いにしていることも多いです。

「猫を外で飼ったり、外に出したりする時は、様々な注意を払わなければなりません!」

まずは、迷い猫にならないための対策を取りましょう。

「①首輪などと一緒に、住所や名前が書かれたプレートをつけておくと良いでしょう。」

万が一、家に帰ってこないという時に、そうしたプレートが役に立つことがあります。保健所や警察などの連絡することも大切です。

都会の場合は、迷い猫シェルターといった施設もあり、もしかしたら我が家の猫が保護されているという、こともあります。とはいえ、日本の猫の数は多く、迷い猫やのら猫を全部把握するのは難しいことです。

外飼いの猫が、迷い猫になるというリスクは常につきものだということを頭に入れておきましょう。

さらに、気をつけるべきことは、「②事故や怪我」です。そうしたリスクを踏まえた上で、放し飼いをするか否か決めてください。

また、近隣の猫とのトラブルにも注意が必要です。「③猫にも縄張りがあります。」外に出た時は、マーキングをしながら散歩することが、ほとんど猫の日課になります。

メスよりもオスの方が縄張りが広く、広範囲を移動します。こうした移動中に他の猫と出くわしたり、自分の縄張りに他の猫が入ってきた時に、喧嘩などのトラブルが起きてしまいます。ひっかかれたり、噛まれたりと怪我をすることもあるので気をつけましょう。怪我を負った時はすぐに病院にいくようにしてください。

また「④感染症を防ぐためにも予防接種を受けておく」ことも大切です。

さらに大切なことは、「⑤避妊手術」を受けさせることです。これはメスであってもオスであっても、猫を責任もって飼うためにもっとも重要なことの一つです。猫が増えすぎてどうにもできなくなってしまった、殺処分を余儀なくされたなど、猫にとっても人にとっても悲しい事例がたくさんあります。そうしたことにならないためにも、避妊出術は義務として受け入れるべきです。

猫のみならず、生き物を飼う時は、エサ代や医療費など様々な面でお金がかかります。精神的な責任やモラルを守るだけでなく、最後まで経済的な責任を果たすこともまた、大切なのです。

4.完全室内飼い?外出フリーの飼い方?どちらが良いか

猫は自由な生き物なので、ほっておくと外に出たり木に登ったり、場合によっては何日も帰ってこなかったりと、飼い主からすると心配なものです。でも、部屋の中に閉じ込めてしまってもよいのだろうか…。

そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

安全第一ならば完全室内推奨!

私は3代、計4匹の猫を飼いましたが、残念ながら初代の猫は交通事故で亡くなってしまったのです。とても好奇心旺盛で活発な子で、気になったらまっしぐらという性格の猫でした。そういう子は、やはり周りをよく見ないで突っ走ってしまうようなことがありますので、できれば室内で飼ったほうが良いのかと思います。

二代目は慎重な性格で、外に出たとしても決まったルートで必ず戻ってくる子でした。ベランダから出て、木に登って、木から降りて一回の勝手口から帰ってくる。遠出をしたり、見たことのないものには警戒して近づかないような性格だったので、飼い主としては安心でした。ただ一度、けんかして帰ってきたことがあります。こればっかりは相手もいることですので簡単には防げません。この子は、無事に天寿を全うすることができました。

いずれにしても、猫の性格にもよるのですが、安全のためにはできれば室内飼いがベターではあると思います。

退屈な生活を解消するために

でも、室内に閉じ込めてはかわいそうでは…とお思いの方には、思い切って多頭飼いをお勧めします。私は、3代目は兄妹猫をもらってきて、2匹を一緒に飼っていました。完全室内でしたが、2匹で一緒に遊んでいたので、退屈はまぎれたのかもしれないな、と思っています。この2匹も、老衰で亡くなるまで一緒に暮らすことができました。

二匹一緒だと、片方がいなくなってしまうともう一匹も…ということもあるので、その点は心配ではあるのですが、猫たちにとっても仲間がいることはとても良い効果を生むはずです。

より長く、大切な猫たちとの時間を過ごすため、性格を見ながらなるべく安全な環境を用意してあげてくださいね。

5.室内飼いをしたいなら、徹底して外には出さない

私自身、猫を飼ってます。一匹の時もあれば多頭飼いしていた頃もあります。その時に悩んだのが、猫を室内で飼うか外で飼うかです。

猫を飼う場合、室内で飼うか、外にも出して上げるか迷いますよね。

室内は安全とはいえ、狭い空間なので猫にストレスが溜まってしまいます。かといって外に出すと、車にひかれる可能性大です。それにお外を散歩中にノミ等を体に引っ付けて戻ってきますから、多頭飼いしてるなら他の猫にも移ってしまいます。

猫につくノミは人間には移りにくいですが、完全に移らないということではありません。ノミは体温の高い方を狙うので、体温が高いとノミに刺されます。基礎体温の高い人はもちろん、運動後の体温上昇時、体調不良による発熱時はノミに刺される可能性大です。

室内と屋外、どちらにもメリットデメリットはあるので飼い主さんが決めればいいと思います。

ただ注意して欲しいのは、外を一度でも味わった猫を室内飼いに戻すのは難しいという点です。元々猫は外を自由に生活していた生き物ですから、一度外の開放感を味わってしまうともう後戻りできません。そして室内に閉じ込めておくと、外に出せ!外に出せ!とニャーニャー泣き喚きます。この猫の泣き声、周囲に民家のない田舎の一軒屋や大邸宅なら問題ないでしょうが、マンションや街中の一軒家だと周囲に迷惑を掛けてしまいます。

猫に泣き止めといっても通じませんし、結局周囲への配慮を考えて外に出すしかありません。

猫によっては泣かない猫もいますが、だからといって外に出たくないわけではありません。飼い主や客人が自宅に入ってこようとすると、それに気づいた猫は玄関ドアに張り付きます。そしてドアを開けた一瞬を見逃さず、すぐ飛び出していきます。

これって防ぐのはほとんど無理ですし、一度でも成功してしまうと味をしめて常に狙ってきます。

外出前にリードで猫をくくりつけていけば防げますが、これはとても危険です。猫って動き回るので、リードを絡ませて身動き出来なくなったり、下手すればリードで首をつったり・・・なんてこともあります。

仮に猫を室内に閉じ込められたとしても、外に出たいという欲求不満でものすごいストレスを感じてしまいます。

そのストレスで病気に・・なんてこともよくある事案なんですよね。

要するに一度でも猫に外を味わわせてしまうと、もう後戻りは出来ないんです。この対処方法は、猫に絶対外を味わわせないことです。

外に連れ出すのはNGですし、予防注射を打ちにいく時はケージに入れて外の世界をシャットアウトさせてから連れていくようにします。一度も外を味わったことがないなら、猫は室内飼いでもストレスは感じません。

ただずっと室内だと運動不足問題も生じるので、キャットタワーを用意するなりして対策しましょう。

猫を室内飼いしたい人は、猫に外の世界を一度も味わわせない、これを徹底するようにしてみてください。

6.猫のケガが心配な人は家から出さない方が良い

猫を飼っている人にとって一番気になるのが猫が外に散歩に行きたくて勝手に外に出てしまって本当に大丈夫かと心配になってしまうというのがあります。

ですが中には敢えて猫が外に出る事を自由にさせているという人もいるかと思います。なぜならその方が猫が気持ちよく過ごせると思というのがあるからです。

確かにずっと家に閉じ込めていたらストレスが溜まってしまう事はあります。ですが安易に飼っている猫を外に出すと場合によっては大けがをして帰ってくる事があります。

なぜなら猫を飼っていて外に出す事がある場合は、メス猫だと妊娠してしまう事があり飼う時はオスの猫の方が安心というのがありオス猫を飼っている人が多いのですがオス猫は外でよく喧嘩をしてくるというのがあります。

その場合は外で野良猫を妊娠させないために、去勢しないといけないと思ってオス猫を去勢して飼っているというのが一般的です。

ですがそれによって思わぬトラブルになる事があります。それは外に自由に出していたら去勢していないオスの野良猫に喧嘩で負けて大けがをして帰ってくるというのがある点です。

それが大したケガでなければ良いですが去勢して力が弱くなった猫は喧嘩に全く歯が立たないです。

なので通常のオス同士の喧嘩ではそこまで大けがにならないような喧嘩でも大けがをして家に帰ってくる事が普通にあります。

ですから家で猫を飼っていて飼っている猫が外で大けがをしないようにするためになるべく家から飼い猫を外に出さないようにした方が良いです。

そうすれば外で大けがをしてアニマルクリニックに行って治療を受けないといけないくらいの大けがをしなくて済みます。

中にはいくら去勢した猫が弱くなっているからと言って外に出たら喧嘩に負けて大けがをして帰ってくる事は滅多にないと思っている人もいるかと思います。

ですがそれはかなり甘い考えです。なぜなら去勢した猫は想像以上に力が弱くなっていてちょっと他のオス猫に絡んだだけで大けがをする事がよくあるからです。

なので飼っている猫が大事ならなるべく外に出さずに家の中で満足できる環境を用意して満足させるのが良いです。実際我が家ではそれで愛猫がケガをしなくなりました。

7.私は家猫が外に出たがる時でも、外に出すことを頑なに断っています

我が家の猫は小さい時から完全な家猫ですが、2回脱走歴があります。

2回とも網戸を破って外に出てしまい、行方不明になってしましました。

1度目は5階建て集合住宅の4階の部屋から網戸にしてでかけた窓の網戸を破って、ほかの部屋をつたって1階に降り点検口の隙間に入り込んでしまいました。

いくら呼んでも警戒して出てこず、もう出てこないんじゃないかと心配になりました。

幸い周りの様子を伺うようにして顔を点検口の入り口に出した時に無理やり引っ張り出して救出に成功しました。

2回目は戸建住宅の窓の網戸を破って逃走して、どこに行ったのかもわからず、10日ほど見つからずに毎日生きた心地がしませんでした。

毎晩自宅周辺を捜して歩いていたときに、裏の公園から鳴き声が聞こえてようやく保護できました。

その時は2まわりくらいやせ細っており、けがもしていたため急いで病院に連れて行きました。

それからというもの、網戸の状態にはしないようにしています。

どんなに固く頑丈な網戸でも人間の予想を超えたことをしてしまうとわかったからです。

野良猫を家族に迎え入れた、という場合以外は家猫は外に出ないように飼い主が最新の注意を払う必要があると思いました。外の世界を知らない猫は、外で生きていくことは難しいです。

野良猫もいるし、食べるものにもありつけない、道路に車が行ききすることにも慣れていません。

幸い2度目の脱走の時のけがはたいしたものでもなく、感染等もしていなかったためすぐに元気になり、いまでは元通りになりました。

ただ、いまでも年に数回やたらと隙あらば外に出たいという時期があるようで(なぜかはわかりませんが)、そのたびに騒いで外に出たいアピールを懸命にしていますが、頑なに出ないように細心の注意を家族全員で払っています。駄目よー、出れないよー、というとわかるようではあります。

飼い主の意志でかわいい猫ちゃんを守る義務があると感じました。

これからもかわいい家族である猫を守っていこうと思います。

8.猫が近所の犬に襲われた話

皆さんこんにちは。初めまして。猫大好き、使っているラインのスタンプは猫系だらけの筆者です。これまで、何十匹という猫を飼ってきました。

ある一定の猫の病気や怪我、もちろん「死」も体験しましたし、一通り、それが「どういうものであるのか」は、わかっているつもりです。

そんな猫好きな筆者が、これまで様々な猫を飼っている間に体験した「珍事件」をご紹介したいと思います。

猫は人間の子供でいいう2歳児と同じで、どこにでも行くし、色んなアクシデントに巻き込まれます。

筆者が体験した忘れられない猫のアクシデントといえば、「ご近所トラブル」でした。

今でこそ、筆者は自分が飼っている猫を外に出すことはしませんが、昔は、縦横無尽に外を歩かせておりました。

そんなある日、「事件」が起こったのです。

良く晴れた夏の日の午後のことでした。ものすごい我が家飼い猫の叫び声。そして、筆者の家の前の家に住んでいるワンちゃん(中型犬でしたが、大型犬並に大きい)の叫び声、いわゆる喧嘩をしている声が聞こえてきたのです。

そして、目の前に飛び込んできたのは、ワンちゃんが我が家の飼い猫を加え、お隣さんの家の庭の周りを走っている姿でした。筆者、もう必死に家の中の箒でそのワンちゃんの顔を叩いて(少しかわいそうでしたけど)、我が家の猫を離して貰いました。

案の定、猫さん、血まみれ。涙が止まらなくなりましたが、とにかく早く病院だ!と思い、動物病院に連れていきました。お医者様の懸命な手術のかいもあり、なんとか一命をとりとめ、今では元気に過ごしております。

全身汗びっしょり、あそこまで焦ったことはなかったです。

*後日談によりますと、そのワンちゃん、小さな頃に野良猫に噛まれた経験があったらしく生粋の猫嫌い(笑)であったそうです。。。

最後に 猫を飼う・命を預かるということの責任と対策を述べます。

今日の現代社会では、「ありえない」ことが「ありえるかもしれない」世の中です。

それは、「猫を飼う」当たり前のことが、突然「死」に繋がるということもあるということ。

テレビのニュースで、猫や犬が虐待されているような報道も流れることもありますよね。ですので、自分の飼い猫が、いつもどこかに行ってしまう。汚れて帰ってくる。心配だ。。。という人は、思い切って、筆者のように家の中のみで飼ってみるのはいかがでしょうか?

いつも傍にいてくれるというのは、安心するものですよ♪(毛がたくさん抜けるというデメリットもありありますが。。。(笑)

猫も家族の一員です。飼っている人も、これから飼おうとしている人も、大切な家族としていつまでも

一緒にいてあげてくださいね。

9.交通事故以外にも人間による害もある

私はこれまで猫を数匹飼ってきましたが、全て家の中と外を出入りさせていました。私の飼っていた猫は夕方になると勝手に戻ってくるのですが、その間に外で色んなものを食べたり捕まえたりしていました。

スズメ、ネズミ、バッタ、蛾や蝶…ありとあらゆるものを口に咥えたまま、家の中に入ってくるもんですから、飼い主としては、たまったものじゃありません。食卓のテーブルに、死んだスズメがちょこんと置いてあるのを発見した時は、思わず悲鳴をあげてしましまいそうでした。 この行動には猫本来の狩猟本能や、獲物を捕獲して飼い主から褒められたいという欲求などがあるようですが、それよりも飼い主として1番心配なのは、「そんなもの食べても、大丈夫なの?」という点です。

虫に関しては、そこまで害はありませんが、バッタやコオロギなどは、虫の脚が喉に詰まる可能性が考えられますので、もし目の前で食べようとしているようでしたら、止めた方が良いでしょう。

ネズミや鳥に関しては、病原菌や猫回虫が心配ですが、これらは食べるというよりも、どちらかというと遊びに近い感覚で、完食するようなことは滅多にないでしょう。それでも取ってきた後は、念のため病院へ連れて行くことをお勧めします。

実は1番恐ろしいのは、人間による悪害や、交通事故です。

私が飼っていたある猫の場合ですと、外で何かを食べて帰ってきたようで、その日以来数日間体調が悪く、次第に目の瞳孔が開きっぱなしになっていきました。

心配なのですぐ動物病院に連れていきましたが、結局病名は分かりませんでしたがお医者さん曰く、人間がイタズラで意図的にエサに何かを混入させ、それを食べてしまった可能性が高いと言われました。

確かに今まで野生動物を捉えても、他の猫も同様にそのようになることは、今まで一度もありませんでした。化学的物質か何かが原因で、それからその猫には障害が残ってしまい、日常生活は送れますが、死ぬまで目がほとんど見えず背骨が曲がり、時たま妙な動きをするようになってしまいました。

猫を外で遊ばせるかお悩みの方は、しっかりと管理ができるのであれば猫を外で遊ばせることには私は賛成ですが、猫は素早いのでちょっと目を離した隙に逃げ出したり、道端に落ちているものを食べようとします。

現代では心無いイタズラを増える悪い人間も増えていますので、外へ長時間野放しにしておくことは、お勧めできませんが、たまに外へ出ることで猫も気晴らしにもなるでしょう。また、雌猫でしたら、避妊しないまま外へ野放しにしておいたら、いつの間にか孕んでいた、なんてことも起こり得ますので、その点もご注意されてください。

関連記事:

【つらい、悲しい、愛猫が脱走した体験談】外に出た猫の探し方や捕まえ方

2017.06.28