年寄り猫,老化猫,高齢猫が食事、ご飯、キャットフードを食べない時に私が実践した対処法

猫の餌、キャットフード

長く一緒にいると必ず起こる問題!猫ちゃんの老後のご飯について

最近はペットのご飯も色々充実して、昔と比べて寿命がとても伸びました。

飼い主にとってはとても嬉しいことです!でも、そうなってくると必ず起こるのが猫ちゃんの老後の問題です。

我が家の子も、もう16歳になりめっきりおばあちゃんになってしまいました。粗相も多くなりましたし、今までどおりのご飯は食べられなくなり、みるみるうちにやせ細ってしまいました。

○○歳以上からのキャットフードと謳っているものも食べられなくなり、点滴が必要になってしまうのでは!?と思いました。

その時、ある事に気づいたのです。

食欲はあるのに、顎の力と、舌の力が無くなっているんだ!と。

すくえなくなった為、スープに舌をいれて、舌についたスープだけを食べていました。

そこで、抱っこをしてスプーンで口元に少量ずつスープを持って行ってあげると……食べた!!

今まで見たことがないくらい甘えた声で鳴きながら、もっともっととねだって来ます。

そこで、元々解されているスープの中の具も細かく崩し、鶏肉などは数ミリまで繊維を切って、スープと一緒にあげるようにしました。

すると、みるみるうちに元気を取り戻し、ガリガリに痩せていた身体が少しふっくらとしてきたのです!

今は、朝は母、昼は父、夜は私の三人体制でご飯をあげています。

今まであまり抱っこをさせてくれなかったうちの子が、ご飯だよーと言うと膝の上に移動してきてくれるのが凄く嬉しいです。

また、水も出来るだけ舌の力を使わずに飲めるように、おもちゃのししおどしを改造して数十秒に一度水が流れるようにした所、上から落ちる水を口元でキャッチして、それを舐めて水分補給する様になりました。

普通の水飲みの隣においているのですが、やはりししおどしの方が飲みやすかった様で、今では水の落ちるタイミングぴったりに飲むようになりました。

このように、大事な家族である飼い猫の老後には、人間と同じように色々な事が起きます。

当家の猫は顎と舌の力が弱まると言うものでしたが、もしかするともっと大変なお宅もいらっしゃるのかもしれません。ですので、ご飯に特化した事しかお伝えできませんが、もしおうちの猫ちゃんがお年を召してご飯が食べられなくなったのなら……。

食べやすそうな姿勢で、食べやすそうな内容のご飯を、時間がかかるかもしれませんが細かく消化によくした状態で食べさせてあげてみてください。

高齢用のご飯をあげるだけでは、柔らかさはちょうど良いかもしれませんが、舌で掬えなくなった子にはそれすらも食べることが叶いません。

今まで一緒に暮らしてきた可愛い可愛い家族です。

どうか老後も寄り添ってあげてくださいね。

<<楽天で一番人気の猫スープ>>

 

<<楽天で人気の給水器>>

 

【高齢なシニア猫の飼い方】年寄り猫の病気(認知症),餌(キャットフード),老化介護

2017.09.06