気性の荒い、激しい性格の猫と上手く付き合っていく飼い方やしつけとは?

猫の飼い方

私が飼っている猫のことです。

その猫は、元々飲食店の駐車場に捨てられていました。まだ生後一か月ぐらいの頃、段ボールに入っていたところを保護しました。当時、私は以前飼っていた猫を事故で無くしまったこともあり、心の寂しさを埋めるために早く猫を飼いたいと思っていました。そんな最中に出会った猫だったので、とても喜びました。

しかし、我が家にやってきた猫は、大体気性が荒い性格になります。

テレビやネットなどで紹介されるような、絵に描いたようなおっとりした気性が穏やかな猫を飼ったことがないのです。そして、その拾われてきた猫も、多分に漏れず気性の荒い猫に育ってしまいました。

また、気性が荒いだけでなく、神経質なので、ちょっとしたことですぐに爪を立ててきたり、噛みついてきたりするのです。

家族は「どう扱ったらいいのか分からない」、「撫でてほしいのかと思って撫でていたら、急に引っ掻いてくる」、「あまりかわいいと思わない」などなど、戸惑いを隠せません。

当の猫を見ていると、甘えては来るものの、警戒心が強いのです。少しでも気に食わないことをすると、スイッチが入るのか爪を立ててきます。子猫時代に親兄弟と育った記憶が薄いのか、噛み方の加減を知らないため、とにかく痛いのです。

私自身、この猫にどう接したらいいのか分からないまま、数年が経ちました。

転機は、私の職場での体験がきっかけでした。

私は、あまり仕事の覚えが良くなくて、しょっちゅう怒られていました。プライベートでの人との交流も少ないため、生身の人とのコミュニケーションも苦手です。職場で、相手を不快にさせてしまうことも多かったのです。どうすればいいのか悩んでいました。

しかし、その職場での経験が良かったのか、だんだんと相手の望んでいるものが分かってくるようになっていったのです。生身の人とのコミュニケーションに疎かった私は、相手がどうすれば喜んでくれるのか、または怒らせてしまうのか、職場を通じて体得していきました。

そのうち、徐々に体得したものがプライベートでも反映されるようになってきました。

こんな風に書くとおこがましいですが、だんだんと猫の望んでいることが、分かるようになっていったのです。なぜ、気性が荒いのか、神経質なのか、それまで一度も考えたことがなかったのですが、こちらの接し方にも問題があるのかもしれない、と猫ではなく初めて自分自身を疑うようになったのです。

すると、猫に対して、申し訳ない気持ちと、慈しみのような気持ちも芽生えてくるようになりました。

ある時ふと、「こんな気持ちだったのか」と気付きました。もっと愛情をかけて接するように心がけてみたところ、気持ちが伝わったのか、以前よりももっと甘えてくるようになりました。次第に家族からも、「お前にはすごく甘えてくるなぁ」と驚かれるようになりました。

その猫は現在も、気性が荒く神経質で、すぐに噛んだり爪を立てたりしてきます。相変わらずです。しかし、接するときに、長時間撫ですぎたり、触られたくない部分を絶対に触ったりしないよう、機嫌に合わせて接するようにしています。「こういう子なんだから、私が合わせてあげよう」と、思うようにしたところ、気が楽になりました。

猫は人間が思っている以上に、周りの空気を読む生き物です。愛情も不足すると不安に感じます。

「この猫は性格に難あり」と決めつけず、私達人間側の接し方も見直してみてはいかがでしょうか。

猫のイタズラはしつけ可能?いつまでの時期にやんちゃは落ち着く?

2017.09.14