猫の体に虫が付いている!ノミやマダニが発生した時の取り方や注意点

猫の病気

猫にノミやダニが付いていたら驚きますよね。しかも取っても取っても、何度も付く・・・。

このように悩んでいる飼い主さんに向けて、ここでは実際に猫のノミやダニに悩まされた経験のある人たちのアドバイスを紹介します。

猫の顔にマダニがついていた

私が勝っている猫の「マイちゃん」はとても甘えん坊です。

猫は気まぐれだと言いますが、猫には珍しく私の後を追いかけて、キッチンに行けばキッチンに、トイレに行けばトイレについてくるような猫でした。

ある日、私がソファーに座って本を読んでいると、甘えたくて「にゃーん」と鳴きながら「マイちゃん」がやってきたので、その顔に目をやると右目の下に、ゴミのようなものがついていました。

よく見ると直径3ミリくらいの丸いマダニでした。

猫の血を吸って丸々と肥えていたマダニを私は発見したのです。昨日見たときは、マダニはついていなかったと思うのですが、「マイちゃん」は基本、室内飼いなので、庭には出たりしますが、マダニの居そうな山や荒れたやぶなど行ったことは無いはずです。

しかし、マダニがついているということは、私の家は田舎の方なので庭にマダニがいたのかもしれません。

さあ、大変です。この気持ちの悪いマダニを何とかしなければなりません。動物病院に連れて行こうと思っても、すでに動物病院が通常ではやっていない夜の時間帯です。私は思い切って自分の手でこのマダニを「マイちゃん」の顔から駆除することを決意しました。

ネットでマダニの駆除の仕方を調べ、猫の皮膚にかみついたマダニを雑に引き抜くとマダニの口が残ってしまい大事になるというので、慎重にマダニが食いついている口の方から指でつかんで引き抜きました。

マダニの丸いお腹の「ムニュ」とした感触が指に伝わり、猫の顔の目の下から「マイちゃん」の血が出て、マダニも血だらけになってしまいました。

取ったマダニをティッシュペーパーの上にのせて観察するとマダニの大きなおなかの前に口らしきものがあるので、口も残らず引き抜いたと確信しました。

次の日に、動物病院に猫を連れて行きましたが、別段、異常は見られませんでした。マダニの駆除は、私の場合は、うまくできましたが、やはり素人がするのでは無く、獣医さんにしてもらうのが一番良いようです。

猫のノミについて

うららかな春の季節が来ると、いつも思うのが、そろそろノミの駆除をしなくては、ということです。

我家の猫は野良猫のように自由自在に外で生活をしているわけではありませんが、毎日1時間程度は外出をしています。そのためノミが寄生してしまうことが多く、人間の家族も血を吸われて、ふくらはぎなどに赤い斑点ができます。

猫に寄生するノミはネコノミという呼ぶそうですが、猫からも人間からも吸血するので、昔ながらのノミと変わりません。

実際にノミに吸血されるとものすごくかゆくなります。これは猫も人間も同様にかゆがります。特に春の終わりから夏の終わりまではノミによる被害が多く、毎年数回駆除を繰り返しています。

対処法としては、専用のクシでノミをとるのが簡単です。ネコノミは結構大きいので、猫の毛にクシを通すだけでどんどんとることができます。

当然、猫は嫌がりますが、これをしないと産卵を繰り返して、家中ノミだらけになります。とったノミはゴミ箱に捨てずに、必ず洗面器の水の中にいれておきます。

ゴミ箱に捨てるとノミは繁殖をして、家族全員がかゆくて眠れなくなります。

また動物病院にいくと内服薬、スポットオンタイプの薬などを購入することができます。

内服薬は飲むだけでノミが死滅するというもので、毛づくろいをして舐めても効果が薄まらないというメリットがあります。

なぜ飲むだけでノミが死滅するのかわかりませんが、とにかくノミがいなくなります。

一番簡単なのは首に垂らすスポットオンタイプの薬です。24時間で全身のノミを駆除できるそうなので、毎日、クシで駆除するのが面倒だという人にはおすすめです。

ネコノミに関しては、動物病院に行ったとしてもお金はあまりかかりません。内服薬もスポットオンタイプもどちらも1500円程度で購入できるので、暖かい季節が来たら、早めに薬を入手しましょう。

猫のかゆがる姿は飼っている人間にもストレスになるので、気がついたらすぐに対処してあげると猫も人間も幸せになれます。

ノミだけでなくダニにも注意!

私の友人はつい最近猫を飼うようになり、既に猫を飼っている私に分からないことを聞いてくるのでアドバイスをさせてもらっています。

友人は子猫を近所の人から譲り受けたそうで、毎日悪戦苦闘しながらも可愛がっていました。しかし、ある日友人から困ったことがあったと電話があったのです。

それは子猫が体を痒がって自身の足の爪で体をかきむしって困っているという相談でした。友人が言うにはノミはいないようだと報告を受けました。私は実際に見てみないと分からないと思って友人宅へと向かうと子猫の様子を見て驚愕しました。

子猫の体はかきむしった痕跡が赤い斑点のように残っていて、その全てで出血していたのです。友人が言うようにノミは確認できませんでしたが、私の経験上ダニがいるのではないかと思ったのです。

どっちにしろ子猫の様子を見る限り獣医さんに診てもらわないと判断した私は友人に今すぐに動物病院に向かうように促しました。

そして暫く経過して友人から連絡を受けると、予想どおりダニが体にはびこっていたそうです。ただここで疑問に感じたのはどうしてノミがいないのにダニが子猫の体に付着していたのかという点でした。

その答えも友人から報告を受けたのですが、どうやら子猫は友人宅の押し入れの中で寝るのが好きなようで、その押し入れを長くに渡って掃除を怠っていたそうです。

当然ダニは子猫の体に移ってしまい全身ダニだらけという悲劇に陥ってしまったのです。友人は深く反省をしているようで、帰宅後すぐに押し入れの掃除をして子猫自体を押し入れで寝かせないようにもしたようです。

それ以降友人からは子猫の近況をスマホに送ってもらうようになり、痛々しかった体中の出血も少なくなり、元気に部屋を走り回っていました。

猫が足で体をかく仕草は当たり前のように見ると思いますが、今回のように症状が重くなるケースもあるので、猫の様子は常にチェックしておきましょう。

サインとしては鳴きます。体をかいている最中に鳴いたり走り回ったりと異常行動が見られるので、その際には早急に対処するようにした方がいいです。

猫ちゃんのお腹の中に虫が発生

普段ご自身の飼われている猫にはどのようなものを与えていますか?基本的にはキャットフードを与えていると思いますが、猫が欲しがるからといって、つい人間が食べているものを与えてしまうと、思わぬ病気を引き起こしたりします。

とくに子猫のうちはお腹が弱いので注意が必要です。私の友人が飼っていた子猫は、好奇心が旺盛で、飼い主が何か食べていると必ず欲しがり、飼い主も可愛いからといって何でも与え、食べさせていました。唐揚げやお刺身、牛乳やヨーグルトなどです。

しばらくすると、血便が出るようになったと相談を受け、心配だしもう飼えそうにないので引き取って欲しいとお願いをされました。少し無責任だなと思いましたが、その友人は猫を飼うのが初めてだったらしく、すぐに病気にさせてしまったことに、大きな不安を感じたようです。

その猫ちゃんが家へやって来てから、二、三日様子を見ましたが、毛艶もありとても元気そうにしているので、さほど心配は無いかな?と思いましたが、血便はたまにでは無く毎回なので、すぐに動物病院を予約し連れて行きました。診断の結果は、お腹の中に虫が発生しているとのことでした。すぐに虫下しのお薬と整腸剤での治療が始まりましたが、虫下しのお薬を飲むとどうしても下痢をしてしまうので、投薬中、トイレの度猫ちゃんは少し辛そうでした。

幸いまだ症状が軽かったので、三週間程で血便は治まり、健康な状態に回復しましたが、症状がひどい場合には完治できず、一生療法食しか食べられなくこともあるそうです。

その猫ちゃんは、今では11歳のシニアになりました。子猫の頃にお腹を壊してしまったせいか、成猫になってからも少しお腹が弱いです。毛玉を上手く排出できず、季節によってたまに血便がでることがあります。そういう時は、便がスムーズに出るようになるお薬を獣医師に処方してもらっています。

皆さんも、猫が欲しがるからといって、ついつい人間の食べ物を与えてしまってはいませんか?猫ちゃんは自分では食べ物を選べません。大切な猫ちゃんに健康な一生を送ってもらうためにも、食事には気を遣い、ぜひ良質なキャットフードを選んであげて下さい。

猫にノミがどうしても付いてしまい大変!

私は茶トラ柄の雄猫を飼っていたのですが、どうにもノミが多いように感じました。

猫がよく座っている座布団の周りなどノミがよく見つかりました。ノミだけでは無く別の虫も見つかるようになり、よく猫は押し入れで寝ていたのですがそこが虫の住処になってしまった時は非常にビックリしました。

猫は私達と一緒に寝る事もありますし、ここままだと家中が虫だらけになってしまうので何とかして対策を取ろうと思ったのです。

まず私が買ったのはノミに効くという猫用シャンプーでした。

私の友人も猫を飼っていたのですが、このシャンプーを使って一気にノミが消えてしまったそうです。これはありがたいと思い、すぐに使い始めたのですがまあ猫がお風呂嫌いで暴れて大変でした。

体が大きい(体重10kg近く)ので力も強くて、押さえておくのにとても苦労したのです。何とか洗うと良い香りがしてきて、何だか効果がありそうな気配がしました。

布団も座布団も洗濯して「これでノミが居なくなった!」…と思ったのですが、少し経ってまたノミが増えてきたのです。

放し飼いにはしていないのですが、散歩はさせるのでそれだけでノミは付くのかもしれません。

ノミの付きやすさには多少の個体差もあるみたいですし、散歩の回数を減らしてそして帰ってきたらすぐにシャンプーをするようになりました。するとノミは完全に居なくなりましたし、その他の虫も全く居なくなりました。

相変わらず猫はお風呂嫌いのままでしたが、それでも毛並みも以前より明らかに良くなりましたし、かゆそうにする事も無くなりました。

こういった出来事は10年ほども前の話なのですが、現在では野良猫は様々な病気を持っていてあまり近付かせないという風潮になっていますね。

確かにノミを始めとした虫が病気を持っている事もありますし、大切な猫の長生き・健康のためそして飼い主自身のためにも、効果のあるシャンプーを適切に使っていく事は大事だと言えるでしょう。

<<Amazonで一番人気のノミシャンプー>>

<<楽天で一番人気のノミファンプー>>

猫のノミ対策

猫にノミはつきものですが、ノミの何が問題かというと、ノミは猫の体を棲み処として、その血を吸う際に、唾液を体内に注入し、アレルギー反応を起こさせます。

そのアレルギー反応がしつこい「かゆみ」となって、猫に身体を掻かせることになるのです。そればかりか、その猫の飼い主までもその餌食にするのです。

そのしつこい「痒(かゆ)み」たるや、蚊とは比べものにならないくらいです。

猫を飼う場合、その猫が元野良猫であれば、十中八九ノミがいるものと考えて間違いありません。また、血統書つきの由緒正しい猫なら大丈夫かというと、その飼われ方次第では、これも決して安心はできません。

では私たちが猫を飼うときに、どのようなことに気を付ければノミの心配をしなくて済むのでしょうか。

①まず、元野良猫の場合、最初の段階で、ノミを根絶させることでしょう。

猫が入浴を嫌がらない場合は、入浴させましょう。私の猫は、入浴が大嫌いで、以前入浴させようと、濡れても構わない格好で浴室に入ったら、猫が突然暴れ出して体中を鋭い爪でひっかかれ、血だらけになったことありました。それでは、私の猫のように入浴させられない場合は、どうしたらよいのでしょう。

②このような場合、ノミの駆除薬を使います。

市販もされていますし、インターネットの通信販売でも購入できますが、副作用のあるものもありますので、購入の前に必ず「使用上の注意」を確認することをおすすめします。

中には、「毛が抜けることがあります」などのショッキングな表現もありますので、十分ご注意ください。

私の場合は、「脱毛」が心配でしたので、初めから動物病院に連れて行きました。動物病院は保険が使えないから「高額」という印象を持っておられる方もいらっしゃるでしょうが、私が電話で確認したところでは、どこも価格は1本税抜きで1,000円から2,000円の間でした。心配な場合は、あらかじめご確認された方がよいでしょう。

そこで処方されたのは、ノミの駆除薬としては、とても有名な「フロントライン」というものです。これを猫の後頭部の猫が自分で舐めることができない部分に垂らすだけで、駆除できるばかりか、その効果がしばらく持続すし、新たなノミを寄せ付けないという優れものです。なお、「しばらく」については、1、2か月といったところでしょうか。

③そうしてノミを駆除したら、猫を決して屋外に出さないことです。

もちろん、野良猫と接触できるような環境に置くことは論外です。仮に、日中野良猫を見かけないから、と油断していると、実は家の周囲が通り道になっていたということもよくある話です。私の家の周囲でも、夜中、何度も野良猫の姿を見かけることがありました。

私は、猫をよく庭に出してやるのですが、家の中に戻ると、首の回りを掻き始めるということがありました。すると、また、動物病院、といったことになります。

しかし、家の中だからといっても決して安心はできません。外に面した網戸を挟んで座っている猫を虎視眈々と狙っているノミもいるからです。どうぞ、皆さんお気を付けください。

なお、余談ですが、最近は、マダニも問題になっています。前出の駆除薬は、ノミばかりでなく、ダニにも効果がありますので、合わせてご紹介させていただきたいと思います。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

猫のノミ・ダニ対策

ノミやマダニでかゆそうにしている猫を見るのはかわいそうですが、かゆいだけでなく感染症のリスクもあり危険です。

ノミに噛まれると噛まれた部位がかゆくります。一度アレルギーを起こすと腫れてかさぶたができ、ひどい場合は出血をします。

ダニは皮膚内部に寄生をします。皮膚内部にトンネルを掘るのですが、このときに強い痛みを感じます。

マダニに刺されると皮膚炎を起こします。大量に寄生されると吸血によって貧血を起こすことがあります。

人にも感染する恐れがあります。猫に噛まれた女性がマダニが媒介する感染症を発症したケースが報告されています。

自宅の猫はノミやマダニがつかないように対策をしています。

滴下型のノミダニ予防駆除薬は、あごの下に薬をつけておくとダニが付着したとしても勝手に死ぬというものです。ノミの産卵防止にも役立ちます。1か月に1回使用する必要があります。

定期的にブラッシングをしておくと、毛に付着しているノミなどを取り除くことができます。シャンプーをするとなおよいのですが、猫はシャンプーを嫌がるので自宅の猫のシャンプーはしていません。嫌がるのに無理に行うと猫のストレスになります。シャンプーをする場合は、ノミを駆除する専用のものがあるので、そういったものを使用するとよいでしょう。

人への感染を防ぐためには、まず猫にノミやダニなど感染させないことが重要です。外にでたときや他の猫と接触したときに感染する可能性があるので、外に出さないようにしたり、他の猫との接触を避けるようにするとよいでしょう。

また、ノミなどが猫に付着をしているのを見つけたとき、「すぐに取らなくちゃ」と思って潰したくなりますが、卵をもったメスを潰すと卵が飛び散り、孵化して猫に再び付着する恐れがあります。見つけた場合はブラッシングで取り除きましょう。吸血しているマダニをブラッシングでは取ることが難しいので、この場合は殺ダニ剤で弱らせてから抜きます。

<<Amazonで人気のダニ・ノミ対策アイテム>>

<<楽天で一番人気のダニ・ノミ対策アイテム>>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薬用ペッツテクトプラス 猫用 3本入
価格:1090円(税込、送料別) (2018/4/25時点)

 

猫には様々に寄生虫が付く!駆除剤を首に垂らす

猫にノミがついていました。かゆそうにしていてかわいそうです。ノミを無理やり取ろうとすると、潰れて卵が飛び散る恐れがあるので、無理に取ってはいけません。

動物病院でノミを取ってもらって、ノミ対策用の薬をもらいました。

室内飼いでも寄生虫には注意が必要です。ノミ以外にも、ダニ、フィラリア、回虫、コクシジウムなどさまざまな寄生虫がいます。

外に出る猫なら外から寄生虫を持ってきてしまうことが考えられますが、どうして室内飼いでも寄生虫に感染してしまうのでしょうか。

猫は家から出なくても、一緒に住んでいる人間は家から出ます。人間が外に出たときに靴や服などに寄生虫がついてしまい、それが室内に持ち込まれて猫に感染するということが考えられます。

他には虫が媒介している可能性があります。蚊はいろいろな病気を媒介する虫で、フィラリアに感染した動物の血を吸った蚊が猫の血を吸えば、猫にフィラリアが感染します。寄生虫の卵を持ったゴキブリを食べれば、その卵が体内で孵って猫に感染することもあります。

また、清潔そうな動物病院でも、そこに通っている犬や猫から落ちがダニやノミが待合室で感染することもあります。室内外でも予防接種や健康診断で動物病院に行かなければなりません。

このように室内外だからといって安心してはいられないのです。

ダニ、ノミ、フィラリアなどの寄生虫は駆除剤を使用することで予防できます。駆除剤は動物病院で獣医さんやネット通販サイトから手に入れることができます。

使い方は簡単で、月に1回猫の首に垂らすだけです。首に垂らした駆除剤が猫の全身に広がって寄生虫を駆除します。

また、寄生虫に感染しないためにはこまめに掃除をすることも大切です。

猫の体内に寄生する虫が猫の糞に隠れているので、トイレはすぐに片付けるようにしましょう。服についた寄生虫が感染する可能性があるので、野良猫にはむやみに触らないようにします。野良猫に触ったときは、手をよく洗って家に帰ったら服を着替えるようにします。

猫が安心して暮らせるように工夫してあげたいですね。

猫にノミが付かないようにするのに一番効果的な方法は動物病院

我が家では小さい頃からずっと猫を飼っていて、いつも困っていたのはノミでした。

寒い時期には、寝ている布団に猫が入ってくると暖かく気持が良くて最高なのですが、暑くなってくるとどうしてもノミが発生してしまいます。正確にはノミが発生するのではなく、外から連れてくるのですが、猫の毛をどかしてみると、体中にノミがウヨウヨと動き回っているのが見えるほどです。

肉眼でもハッキリとわかるノミの形は気味が悪く、また本当に困るのはノミが刺してくることです。刺されるとその箇所は赤く腫れて痒みを伴うので、落ち着いて寝ていられません。

外を自由に歩かせている猫は、ノミは避けられないので何らかの対策が必要です。

我が家では、ノミシーズンになるとノミ避けの首輪を着けていました。ホームセンターやドラッグストアに1000円以下で売っているものです。これで十分な効果がありましたが、首輪によってノミが死んでしまう訳ではなく、首周辺から逃げていくだけなので、体の他の部分や家のどこかにノミが潜んでしまうこともありえます。

また、猫が首輪の薬品に負けてしまって、首周辺が赤く腫れてしまうことや、年老いた猫では同じく首輪の薬品で具合が悪くなってしまうこともあります。

我が家の猫は、年老いてからノミの首輪をつけるとぐったりして寝込んでしまっていて、初めは原因がわからず困惑していましたが、ノミの首輪だとわかり外すと体調が戻っていました。

首輪なのでサイズ調整にも注意が必要です。首ギリギリでは猫が窒息してしまいますし、あまりに緩いと、今度は首輪をどこかに引っ掛けてしまう可能性もあります。

サイズ調整に気をつけることも大事なポイントです。シャンプーでノミを洗い流しても、外を出歩けばまた大量のノミを連れてくるので、あまり効果はありません。

最も確実なのは動物病院に連れて行き、ノミ用の薬を処方してもらうことです。獣医さんに診てもらい適切な薬でノミを退治しましょう。

関連記事:

猫にノミやケジラミが大量発生!人間である私も家族も刺されて大変

2017.09.16