電気代を抑え、猫が冬を快適に過ごすための寒さ対策や節電方法(節約術)

猫の飼い方

本格的な冬が来る前に考えておきたいのが、猫の寒さ対策。

自分は寒さを我慢できるけれど、愛猫には快適に過ごしてもらいたいものですよね。

我が家では電気代節約のため、暖房は最小限に抑えています。

仕事で家を留守にする日中は、何があるかわからないのでなるべく暖房は使用しません。

そこで、電気代を抑えつつ猫には快適に過ごしてもらうため、飼い主なりに工夫を施しています。

①まずは部屋中、色々な高さにベッドを用意しています。

これは、猫が自分の一番気持ち良い温度・湿度の場所で寝てもらうためです。特に日中の窓辺のベッドはオススメで、冬に不足しがちな日光浴を兼ねています。

一緒に過ごす休日などに見ていると、昼間は割と窓辺のベッドで寝ていることが多いです。

夜のために用意しているものは、屋根付きベッド。中にはフリースや毛布を入れておきます。

場所によっては程よい温かさのゆたんぽも入れます。

ゆたんぽは、低温やけど防止にタオルケットなどを巻いています。

<<楽天で一番人気の猫ベット>>

 

<<Amazonで一番人気の猫ベット>>

②さらに、どうしても寒くなったら逃げ込めるような猫用こたつも置いています。

ローテーブルにこたつ布団をかけ、テーブルの下には厚めのクッションをたくさん敷きつめます。

端にはペット用ホットカーペットを入れて、簡易こたつの完成です。

我が家の猫は、夜や寒すぎる時期は、大抵この猫用こたつで気持ちよさそうに寝ています。

ペット用ホットカーペットは温かく安全で、留守中の暖房にぴったりです!電気代もエアコンをつけっぱなしにするよりもずっと安いです。

低温やけどに注意して対策を取れば、電気代を節約しつつ猫に快適に過ごしてもらうことができます。

電気代に悩んでいるけれど、猫には気持ち良い環境を整えたい飼い主さんにおすすめです。

<<楽天で一番人気のペット用ホットカーペット>>

 

<<Amazonで一番人気のペット用ホットカーペット>>

猫こたつという商品も売ってあります!

 

 

寒さ対策には気をつかいますが、どれを選ぼうか悩みますよね。ですが、ひとつの暖房器具だけでなく、複数の対策を取っておくことをおすすめします。

我が家では猫自身に居場所を選んでもらうことで、毎年病気をすることもなく冬を越しています。

複数の寒さ対策を同時に行って、ぜひ猫自身に選んでもらってみてくださいね。

※ガスファンヒーターを使う時は猫が焦げることがあるので注意!!

寒い季節はエアコンで…という方も居ますが、ガスファンヒーターやコタツで暖を取る方も多いものです。

猫ちゃんは基本的に寒がりなので、コタツをつけるといつの間にかコタツに入っていますし、ヒーターをつけると人間より早く察知して真ん前を陣取っていたりします。

その姿はとても可愛いのですが、猫は想像以上に鈍感でヒーターに近づきすぎて毛が焦げていても気づかづに、酷い子ではそのまま火傷してしまう場合もあるのです。しかも、これはあまり珍しいことではなく、家猫であればどの猫でもあり得ることだといえます。

エアコンをつければ問題ないのですが、エアコンは乾燥してしまうので飼い主側が辛いという問題もあるのです。

ガスファンヒーターをつけた時に猫が近づいても焦げないようにする方法をお教えします。

ファンヒーターは吹き出し口から熱い風が出てくるので、この風が直接当たらなければ毛は焦げません。

赤ちゃんガードとして販売されている石油ファンヒーターの専用ガードを購入して、ヒーターを囲うと熱い風が直接当たらずに安心して付けることができます。

<<Amazon>>

しかしこの場合、運動神経の良い猫ちゃんだとガードを飛び越えてしまい、結果的に吹き出し口の真ん前に座ってしまい火傷をしてしまう恐れがあるのです。

我が家の猫ちゃんは楽々飛び越えてしまいました。

絶対に猫ちゃんの毛を焦がしたくない!という場合は、全体を覆うガードではなく吹き出し口ガードにすると良いです。

<<Amazon>>

コタツは安心だと思われがちですが、毛の長い種類の猫ちゃんだとコタツのヒーター部分に毛が入ってしまい、知らない間に焦げてしまうことがあります。

ファンヒーターほどは熱くありませんが、長時間だとじわじわ焦げてしまうので、こちらも対策が必要です。

コタツにガードをつけるのは無理があるので、この場合は猫とコタツのヒーター部分の距離を離すと良いのです。

コタツの脚の長さが延長できる調節脚を取り付けると、高さが上がるので熱い部分も必然的に上にあがり、猫ちゃんから離すことができるので安心といえます。