猫が吐きそうで吐かない!毛玉をうまく吐き出せない時の対処法

猫の飼い方

「猫が吐きづらそうにしている」

「吐きたいのに吐けない感じだ」

等、猫の嘔吐に関して悩む飼い主さんも多いかと思います。

我が家では雌のシルバーのチンチラを買っていますが、時々毛玉を吐きます。簡単に吐ければいいですがなかなかうまく吐き出すことができず、クエックエッと苦しそうにしているので可哀想になってしまいます。

獣医さんに相談をしてみると、猫が自分で毛づくろいをしたときにのみ込んだ毛が、胃の中で固まってボールやフェルトのようなかたまりになっているのだと教えてもらいました。こうしてできた毛玉をうまく吐き出すことができないと、毛玉が胃の入り口をふさいでしまい、栄養を取れなくなって痩せて衰弱してしまうこともあるのだそうです。

猫の胃の中に毛玉ができないようにするためには、毎日朝と夕方に、猫の体全体の毛を丁寧にブラッシングすることが大切だと獣医さんから指導を受けました。毛の流れにそって根本から毛先に向かって抜くようにスリッカーでブラッシングをし、わきの下やあご、お尻、お腹などには特に毛玉ができやすいので入念に手入れをします。

獣医さんから余計な毛がきれいに取れるスリッカーを教えてもらい、購入して使うようになってから、猫が毛玉を吐く回数が少なくなってきました。

猫が飲みこんでしまった毛をうまく吐くことができるように、獣医さんから窓際などに置いておくように勧められたのが猫草です。私は猫草についてほとんど知識が無かったのですが、猫草はイネ科の植物で、葉に細かいとげのようなものがあるのだそうです。

猫草を食べると葉にあるトゲが胃を刺激して、胃の中にたまった毛玉をスムーズに吐き出しやすくなる役目をしてくれます。さっそく近所のペットショップで猫草を買って水入れの近くに置いておくと、我が家のチンチラはときどき猫草を食べるようになりました。

その結果毛玉を吐くときにも以前より楽になった様子なので、猫草を購入してよかったと思っています。

ヘアボールコントロールや毛玉ケアという表示があるキャットフードも使ってみたことがあるのですが、獣医さんから食物繊維などが多く含まれているため、消化をしにくくなって猫の身体に負担がかかるので、あまり頻繁に使わないと言われ気をつけています。

<<楽天で一番人気の猫草>>

 

<<Amazonで一番人気の猫草>>

猫が全然毛玉を吐かない時のおすすめの対策

猫といえば毛玉を吐くものである、そんなイメージがあるという方はきっと多いのではないかと思います。特に猫を何匹か飼ったことがあるような方ならば、一層その考えは強くなることでしょう。

そのため、なかなか猫が毛玉を吐かない様子を見るとどこか悪いのではないかと不安になってしまうかもしれません。

実は猫というのは必ず毛玉を吐くというわけではないのだそうです。

そもそも毛玉というのは猫が毛づくろいをした際に体内に入ってしまった毛が塊となって吐き出されたものなのですが、体内に入ってしまった毛の量が少なければ普通に便と一緒に排出されるのだそうです。なので普段あまり毛づくろいをしないような猫ちゃんであれば、体内に取り込まれた毛は便と一緒にすべて排出されてしまうため、毛玉を吐く必要がないということになるのですね。

これは友人が話してくれたことなのですが、友人は実家で猫を飼っていたことがあり、その猫は比較的毛玉を吐きやすいタイプの猫でした。なので猫といえば毛玉を吐く生き物であるという認識が備わっていたようなのですが、一人暮らしを始めてから新しくお迎えした猫が全く毛玉を吐かないそうなのです。

様子を見ると特に変わったところもなく元気だったそうなのですが、毛玉を吐かないというのはなにか病気をしているのではないかと不安に思いました。そしてお医者さんで聞いてみたところ、そういう猫も普通にいるという話を聞いたのだそうでした。

しかし、もし便秘気味だったり食欲がなかったり、毛玉を吐くような素振りはあるのに物自体を吐き出していないといった状態であれば、毛球症という病気である可能性もあるため、注意してあげる必要があるという話も聞いたと言っていました。

これらのことから、猫には毛玉を吐く子もいれば吐かない子もいるため、全く吐かなくても元気であれば心配はないということがわかりますね。

便の様子を見てもきちんと毛が排泄されていることがわかるようですし、もし心配であれば一度お医者さんに相談してみるのも良いかもしれませんね。

他の方の意見:猫の毛玉対策はどうすればいいの?

猫は頻繁に毛並みのお手入れをしていて、その時に一緒に毛を飲み込んでしまい、胃の中に毛がたまるため、毛玉を吐きだすことがあります。毛玉を吐きだすことは一般的なことで、頻度が多くなければ問題ではないのですが、見ていると苦しそうでかわいそうです。もう少し楽にしてあげられないかなと思って、ケアの方法を工夫してみました。

猫の毛玉対策用のキャットフードが販売されています。こういったものは、繊維質が毛玉の排泄を助けてくれます。

猫はエサの好みがうるさくて、新しいキャットフードを食べてくれないことがあります。そこで、今まで食べていたものを少し減らして、新しいものをプラスして与えてみました。徐々に慣らすことで食べてくれます。時間はかかりましたが、最終的には毛玉ケアようのキャットフードに変えることができました。

<<Amazonで人気の毛玉用の餌>>

<<楽天で人気の毛玉用の餌>>

 

猫草も繊維異質が毛玉の排泄を助けてくれます。ホームセンターで猫草が販売されていたので、自宅で育てることにしました。ときどき猫が食べています。

毛玉を吐くのは毛を飲み込んでしまうからです。それならば、毛を飲み込まないようにブラッシングをしてあげればよいのです。しかし、ブラッシングは嫌がってやらせてくれませんでした。無理にブラッシングをするとストレスになるので、ブラッシングはあきらめました。小さいときから慣らしていると、ブラッシングをしても嫌がらないと思います。

<<Amazonで人気の猫のブラッシング>>

<<楽天で人気の猫のブラッシング>>

 

お水をたくさん飲ませると胃腸の中で毛玉が絡まって毛球症になることを防げます。水が汚れていると飲めないので、常に清潔なものを用意するように気をつけています。水を飲んでくれない場合は、ウェットタイプのキャットフードを与えると水分補給になります。

いろいろな対策をすることで、毛玉を吐く頻度が減りました。苦しそう姿を見ることが減ったので安心をしています。毛玉を吐く頻度が高い場合は何かの病気の可能性があるので、一度動物病院で相談してみてください。

猫が吐くけど大丈夫?猫の嘔吐や吐き戻しは心配いらないことがほとんどだった私の体験談

2017.08.27