皮膚病持ちでエリザベスカラーを嫌がる猫が舐めないように服作りで対処

猫の病気

友人が飼っている猫が皮膚病になってしまい、病院で塗り薬をもらって治療をしていました。飲み薬はなかなか飲んでくれなくて苦労することがありますが、薬を塗ることはそれほど苦労をしません。

しかし、塗ってからが問題です。猫が薬を塗った部分を気にしてなめてしまうのです。なめてとれてしまったら薬の意味がなくなります。また、塗り薬は飲むものではないので体への影響も心配です。

猫はきれい好きなので、なめるのをやめさせるのは難しいです。無理にやめさせようとするとストレスにならないか心配があります。

そこで、ストレスなく気をそらせることがポイントになります。

塗り薬は塗ってから30分ほどで浸透をします。浸透をするのを待つ間だけ気をそらせられればいいのです。そこで友人は、薬を塗ってから猫と遊ぶことにしたそうです。遊べば気をそらせられるだけでなく、猫のストレス解消になるし、飼い主さんとのスキンシップにもなります。ご飯を食べている間に塗るのもいいかもしれませんね。

しかし、毎回こういったことができない人もいると思います。

その場合はエリザベスカラーを使うという方法があります。首の周りに何か巻いている犬が散歩しているのを見かけたことがありませんか。エリマキトカゲの襟飾りみたいな感じのものです。エリザベスカラーをつけていると首がうまく回らないので、患部をなめられなくなります。動物病院で治療をすると気につけることがあるので、気になるときには獣医さんに相談してみてください。ただし、エリザベスカラーをつけたまま動くと、壁などにエリザベスカラーがぶつかってしまうので気をつけてあげてください。

包帯や絆創膏でカバーするという方法もありますが、猫がかきむしってボロボロになってしまい、切れた破片を誤って飲み込んでしまう恐れがあるため、おすすめできません。

一番よいのは、怪我をしたり皮膚病にならないようにすることです。猫の健康に気を使ってあげたいですね。気をつけても怪我などしてしまった場合は、できるだけストレスのない方法で薬をなめないように工夫してあげましょう。

エリザベスカラーを嫌がる猫の場合

皮膚病がよく出るうちの猫。

うちの猫は、脇の辺りによく皮膚病が出ます。とても痒いらしく、よく舐めては、じくじくになっていました。見るに見かねて獣医さんに連れて行くと、まずお薬が処方され、そして皮膚病のところを舐めないようにと、エリザベスカラーをつける事となりました。(首につける襟カバーで、形状はまるで衛星放送アンテナ…。見た目は悪いのですが、これをつけると体を舐めることができなくなります。)

でも、エリザベスカラーが大嫌い。

うちの猫はその襟カバーが大嫌いで、付けると違和感を感じるらしく、とにかくカバーを取ろうとして必死です。聞くとあまり襟カバーが好きな子はいないようです。必死に外そうとする、その姿を見ているのもなんとなくかわいそうで、なにか他の方法はないかなと思っていました。

なぜかうちの猫が可愛くなっていた。

その翌日、私が仕事から帰ってくると、うちの猫があの大嫌いだった襟カバーを外したまま歩いてました。あれ?と思うと、可愛い柄のチョッキを着てるんです。背中から紐で編み上げるタイプになっていて、脇の部分は舐めることができません。母に聞くと、嫌がるのを見ているのがかわいそうなので、お薬を塗った後を舐められないように、端切れでこのチョッキを作ったとのことでした。

結論としては、このチョッキのおかげでなんとか舐めるのを防ぐことができました。

うちの猫はボスタイプの男の子で頭でっかち、とても可愛いとは言えない容姿です。しかし、この母のお手製のチョッキは見た目にも可愛らしく、母も楽しんで作っているようなので、治るまでチョッキを着させることにしました。お洗濯もするので、いくつか違う柄の布で数枚作ってました。

エリザベスカラーほどは嫌われなかったので、もしお洋服に抵抗がない子でしたら、皮膚病の部位によっては、お手製のお洋服もオススメかなと思います。デリケートな部分なので、オーガニックコットン生地など買ってきても、安く作れますし。小さいので作るのも時間がかからず、なかなか楽しいですよ。

インターネットに型紙もいくつかあるので、1〜2枚試作してみて、猫ちゃんの体型に合わせて調整するのがいいと思います。いかがでしょうか?

<<Amazonや楽天には術後用の洋服が売ってあり、便利です>>

楽天

 

Amazon