猫のおしっこが外にはみ出す、漏れるのを防ぐ「上から猫トイレ」がおすすめ

猫のトイレ、おしっこ、マーキング

我が家では猫を1匹飼っています。動物保護センターから里子にもらったオスの成猫で、年齢は不詳。動物保護センターの前に置かれていた元捨て猫で、生い立ちはまったく不明。獣医の見立てでは8才前後だろうとのことです。まぁせっかく私の飼い猫になったのだから、幸せにしてやりたいと思っています。

そんなうちの猫、家具や物にイタズラをすることもない非常にいい子なのですが、1つ困ったクセがあります。それは「トイレの隅っこで壁に向かっておしっこする」ことです。

我が家の猫用トイレは蓋付きのトイレなので、壁におしっこがかかっても中に流れ落ちますから、基本的に問題はありません。が、それは「トイレの奥側でしてくれた場合」だけです。トイレの手前側、入口付近の壁におしっこがかかった場合では、高確率で外に流れ落ちてしまいます。我が家ではこれによるおしっこ失敗が、月に1~2回の頻度で発生しました。

さすがにこのペースでおしっここぼしをされるのは困りもの。床もトイレも掃除しないといけないし、猫もお風呂に入れなくてはならなくなります。このままでは私は大変だし猫も可哀想。どうすればよいか悩みました。

そして色々考えた結果の解決策、それは「上から猫トイレ」に変更する事でした。

「上から猫トイレ」はアイリスオーヤマから発売されている猫用トイレで、その名のとおり出入り口が上側のフタ部分にある、タルのような形状をしたものです。通常のトイレと違い出入り口が上にあるわけですから、この中で排泄をすれば外にこぼれることは絶対にありません。これにより、困りごとだったおしっここぼしは見事解決! これ以来まったく発生しなくなりました。

他にも予想外の利点として、この「上から猫トイレ」は消臭効果も非常に高いです。出入り口が上側にあるという形状のためだと思いますが、排泄物の臭いが周囲に拡散しにくいようで、以前より段違いに臭いが気にならなくなりました。

もし私のように猫のトイレ失敗にお悩みでしたら、上から入るタイプのトイレを試してみてはいかがでしょうか。結局は猫が気に入るかどうかではありますが、使ってくれさえすれば、トイレの失敗は必ず解消されます。

<<アイリスオーヤマのAmazon公式ショップ>>


【子猫のトイレのしつけ】猫におしっこやうんちの場所を覚えさせる方法

2017.08.09

【猫がトイレを失敗する理由】急に違う場所にし始めた時の対策・解決方法

2017.07.20