猫が動物病院に行く時、抵抗する、暴れる、鳴くなど嫌がるときの対処法

猫の病気

病気になったときや検診で猫を動物病院に連れて行きたくても、ものすごく嫌がって抵抗することがありませんか。大きな病気をしたときにこのようだと、病院に連れていけなくて困ってしまいます。

今は問題ないのですが、はじめは病院に行くのを嫌がって困りました。暴れるし鳴くしで大変だったのです。

では、猫が動物病院に行くのを嫌がるとき、どのように対処したらいいのでしょうか。

猫を病院に連れて行くときにはキャリーケースを使用しますが、キャリーケースに入ることを嫌がることがあります。この場合は、キャリーケースは嫌な場所ではないと教えてあげることが大切です。

新しいものには警戒心を抱くので、普段から部屋の隅にキャリーケースを置いて慣れさせるとよいでしょう。いつも使っているタオルをキャリーケースの中に入れておくなど、安心できる環境を整えることも大切です。

病院に行くときだけ使っていると、キャリーケースは病院に行くための嫌なものという印象を与えてしまいます。病院に行く時以外にも使用をして慣れさせましょう。

病院では、他の動物の臭いや薬品の臭いが充満していたり、動物の鳴き声がして、猫にとっては怖い環境です。猫を安心させるために、タオルでキャリーを覆うなどしてあげます。

診察台に乗ったら一歩も動かなくなってしまったということがありませんか。

獣医師さんは猫が緊張しないように扱ってくれると思いますが、それでも猫にとっては緊張をする場所です。飼い主さんが普段通りに接してあげると猫は安心できます。猫が病気になると心配で焦ったしゃべり方をしてしまいがちですが、獣医師さんから質問されたら普段通りにゆっくりと話すようにしましょう。

健康診断など普段から動物病院に通っていると、病院は嫌なところではないという印象を持ってくれたり、獣医師さんや看護師さんとも仲良くなれます。普段から病院に通うようにしておくと、大きな病気をしたときに慌てずにすみます。

少しずつならした結果、うちの猫は動物病院に行くのを以前ほど嫌がらなくなりました。