猫が動物病院に行く時、抵抗する、暴れる、鳴くなど嫌がるときの対処法

猫の病気

病気になったときや検診で猫を動物病院に連れて行きたくても、ものすごく嫌がって抵抗することがありませんか。大きな病気をしたときにこのようだと、病院に連れていけなくて困ってしまいます。

今は問題ないのですが、はじめは病院に行くのを嫌がって困りました。暴れるし鳴くしで大変だったのです。

では、猫が動物病院に行くのを嫌がるとき、どのように対処したらいいのでしょうか。

猫を病院に連れて行くときにはキャリーケースを使用しますが、キャリーケースに入ることを嫌がることがあります。この場合は、キャリーケースは嫌な場所ではないと教えてあげることが大切です。

新しいものには警戒心を抱くので、普段から部屋の隅にキャリーケースを置いて慣れさせるとよいでしょう。いつも使っているタオルをキャリーケースの中に入れておくなど、安心できる環境を整えることも大切です。

病院に行くときだけ使っていると、キャリーケースは病院に行くための嫌なものという印象を与えてしまいます。病院に行く時以外にも使用をして慣れさせましょう。

病院では、他の動物の臭いや薬品の臭いが充満していたり、動物の鳴き声がして、猫にとっては怖い環境です。猫を安心させるために、タオルでキャリーを覆うなどしてあげます。

診察台に乗ったら一歩も動かなくなってしまったということがありませんか。

獣医師さんは猫が緊張しないように扱ってくれると思いますが、それでも猫にとっては緊張をする場所です。飼い主さんが普段通りに接してあげると猫は安心できます。猫が病気になると心配で焦ったしゃべり方をしてしまいがちですが、獣医師さんから質問されたら普段通りにゆっくりと話すようにしましょう。

健康診断など普段から動物病院に通っていると、病院は嫌なところではないという印象を持ってくれたり、獣医師さんや看護師さんとも仲良くなれます。普段から病院に通うようにしておくと、大きな病気をしたときに慌てずにすみます。

少しずつならした結果、うちの猫は動物病院に行くのを以前ほど嫌がらなくなりました。

病院嫌いの猫、動物病院に行くべき?

昔祖母が飼っていた、と言うか家に居ついていた猫は、一度も動物病院に行ったことがなかったと思う。出入り自由で、帰ってこないこともしばしば。ご飯はキャットフードではなくて人間のご飯の残り物。当然短命だった。

最近は予防接種に避妊・去勢手術はもちろんのこと、定期健診に行く猫ちゃんもいるらしい。

我が家の猫は大の病院嫌いだった。病院嫌いじゃない猫ちゃんなんているんだろうか?とも思うが、友人の猫は避妊手術で入院している間「大暴れしてるかと思ったらすごくおとなしかったみたいで、退院するときに『とってもいい子で、病院スタッフの間で人気者だったんですよ』って言われちゃった。猫被ってたのね。」だったそうだ。

うちの猫の場合、避妊手術で一日入院し、迎えに行った時のこと。「病院嫌いな猫らしいので、抜糸しなくてもいい糸にしておきましたから。」と言われた。暗に「もう来ないでください」という意味だと受け取った。きっと大騒ぎ・大暴れしたのだろう。迎えに行った時も大声で泣き叫んでいた。

別の病院に血液検査に行った時も全力で大暴れし、「すいません、皮手袋(噛みついたりひっかかれたりしても大丈夫なように、獣医さんがつける手袋)をつけさせてください」と獣医さんに言われた。

どちらの病院にも大変なご迷惑をおかけして申し訳なく思うとともに、本人(本猫)にとってどれだけの大事件だったかを想像してみた。言葉で説明してもわからない猫にとって、手術や血液検査、注射などは暴力でしかなく、どんなに理不尽なことだろう。入院にしても、知らない場所に置き去りにされ、知らない人から痛いことをされるわけで、猫にしてみれば飼い主に捨てられて虐待されているような気分だろう。

また全力で泣きわめき大暴れするということは、大変なエネルギーが必要だ。病院から帰ってきた後の猫は疲れ切って爆睡していた(猫はいつも爆睡しているような気もするが)。

我が家の猫のような場合、これほどのストレスはかえって猫の健康に悪いのではないか。かえって寿命を縮めるのではないか。私たちはそれ以来、よほどのことがない限りは病院には行かないことに決めた。

その後一度「肛門嚢炎」という病気になった時は、往診してくれる動物病院を探し、家に往診してもらった。慣れた環境であったこと、飼い主がそばにいたことで安心したのか、多少嫌がりはしたものの、大暴れも泣き叫びもせず治療は終わった。やれやれ。

そんな猫もだんだん年をとり、高齢猫によくある腎臓病の症状が出始めた。腎臓病になると、いずれ点滴が必要になるらしい。高齢の猫を飼っている友人の何人かは数日おき、あるいは毎日点滴に通っていた。病院大嫌いな我が家の猫の場合は、おそらくおとなしく点滴を受けることは無理だろう。そもそも病院へ行くことが大きなストレスとなる場合、腎臓病の治療効果以上に寿命を縮めることになりそうだ。

私たちは病院には連れていかないことに決めた。その時に、その選択を絶対に後悔しないということも決めた。後になって、「あの時病院に連れて行って点滴していれば良かった」と思うより、「病院に連れて行ったのがストレスになって早く死んじゃったのかも」と思う方がよほど後悔すると思った。

治る病気なら治って欲しい。少しでも長生きしてほしい。猫を飼っていれば飼い主の思いはみな同じだろう。獣医さんも当然、病気になれば病院に連れて行くことを勧めるだろう。病院が大嫌いでない猫ちゃんの場合は、ぜひ病院に連れて行って治療してあげて欲しい。

だけど、我が家のように「病院に行かない」という選択があってもいいと思う。愛猫は20歳を前に、家族に看取られて穏やかに旅立った。後悔は全くしていない。