食べ物以外も何でも口に入れて食べてしまう猫の止め方は?体験談ブログ

猫の飼い方

我が家の新入り猫(1歳)は、食欲旺盛で何でも嫌がらず食べてくれます。

今までいた猫たちは、食が細かったり、食欲にムラがあり、お気に入りのフードでも、ある日突然食べなくなったりと、食べさせるのに苦労した子のほうが多かったので、いつも「よく食べるなあ」と感心しています。

フードに関しては、何でもガツガツ食べてくれるのでラクなんですが、食べ物以外のものも食べてしまうので困っています。

うちに来た当初は、そんな猫だとは思っていなかったので、猫ベッドの近くに観葉植物をいくつか置きっぱなしにしていました。

これが大失敗。

ポトスも蘭もサボテンも全部齧られ、みんな先っぽがない状態に。特にポトスの新芽が気に入ったようで、芽が出るそばから齧ってしまいます。

口に入れるのは、植物だけじゃありません。特に好きなのがダンボール製の爪とぎ。紙製の枠の部分を齧ってしまい、新しい爪とぎも、数日で見るも無残な姿となってしまいました。

寒かろうと、毛足の長い敷物を敷いてあげたら、それもカジカジ。かじるだけならともかく、実際に飲み込んでしまうので、体も心配です。

かかりつけの獣医さんに相談したら、寄生虫が原因かも知れないとのこと。そこで寄生虫の検査をしたら、やはり回虫がいました。早速、駆除薬投与です。

「数日したら、ウンチに混じってヒモみたいなのが沢山出てくるから驚かないように」と獣医さんから言われました。

毎日、出るか、出るかとウンチを確認。でも「ギャー!!」というようなのは一向に出てきません。

何となく白いものが混じっていたような、いないような…。

1回では駆除できないこともあるので、間をあけてもう1回投与しました。

ガツガツ食べる割には体重が増えなかった新入り猫ですが、薬を投与してからは徐々に太ってきたので、回虫駆除はできたようです。

でも残念ながら、ヘンなものを口にするのは、その後も治らず。相変わらず、ダンボールを齧りたがり、新聞紙を食べ、ティッシュペーパーを口に入れ、せっかく咲いたサボテンの花をむしってしまいます。

怖いのはビニールやプラスチックなので、そういったものは目につくところには置かないようになりました。ティッシュの箱は取り出し口を下にしておきます。不便なこと、この上なしですが。

新聞紙も見えない所にしまい、観葉植物は、猫に害のないものだけ置くようにしました。ポトスは中毒を起こす可能性があるので、絶対猫の入らない部屋に移動。ユリなどは毒性が強いので、切り花でも置きません。

代わりに燕麦の猫草をいくつか用意。これはいたく気に入ったようで、「お前はベジタリアンか!」と呆れるほど食べています。ダンボールの爪とぎの枠も木製のものに変えました。

食べ物以外のものも食べてしまうのを異食症というそうです。寄生虫以外にもストレスや早すぎる離乳など、さまざまな原因があるようです。この猫の場合は何なのか分かりませんが、ストレスもあるのかも知れません。

ストレスを与えないようにして、危険なものはそばに置かない。異食症がある限り、気をつけて暮らすしかありません。

そんな猫ちゃんを抱えている人、他にもいるかもしれませんね。

まず寄生虫がいるか確認し、いたら駆除。それでも治らなければ、我が家のように、危険なものから遠避ける。面倒ですが、猫ちゃんに長生きしてもらうためには、大事なことだと思います。

<<楽天で一番人気の猫草>>

 

<<Amazonで一番人気の猫草>>

猫がティッシュを食べる

友人の家に遊びに行ったらティッシュが散乱していました。どうやら飼っている猫がティッシュを出して遊んだようです。

友人によると外出しているとき、ときどき猫がティッシュを出して遊んでしまい、帰宅をしたときに部屋がティッシュだらけになっていることがあるそうです。猫がティッシュを食べてしまうこともあります。

ティッシュは食べるものではないので、猫がティッシュを食べてしまうのは心配です。また、部屋を荒されると片付けるのも大変です。

でも、どうして猫がティッシュを食べてしまうのでしょうか。考えられることは2つあります。

①1つめは、猫の好奇心です。

人間の子供は小さいとき何でも口に入れたくなりますが、猫も小さなときは好奇心旺盛で何でも口に入れたくなるのかもしれません。口に入れて誤ってティッシュを食べてしまうことがあります。子猫のときの習性が大人になっても続いてしまい、ティッシュを食べてしまうことが考えられます。

②もう一つは、いたずらの延長です。

友人宅の猫は飼い主さんが留守のときにティッシュを散らかして遊びます。このようないたずらをしているときにティッシュを誤って食べてしまうことが考えられます。

では、ティッシュを食べないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

猫に「ティッシュを食べてはダメ」といってもわかってもらえないので、飼い主さんが対応をしなければなりません。猫に届く場所に置いてあればいたずらをしたくなります。そのため、猫が届かない場所にティッシュを隠してしまいましょう。猫は高い場所に上れるので、高い場所に置いてもいたずらされる可能性があります。けれども、戸棚の中にしまってしまえば猫も手を出せません。

フタつきティッシュケースというものもあります。頭がいい猫ならフタを開けてしまうかもしれませんが、こういったものを利用するのもよいでしょう。

ゴミ箱の中をあさってティッシュを食べる可能性もあります。そのため、ゴミ箱もフタが開かないようにして対応をします。

友人宅ではティッシュを戸棚の中にしまうようにしました。人間が使うときには少し不便なのですが、猫の健康を考えてこのような対応をしています。

関連記事:

猫の水にミネラルウォーターを与えて良い?いけない?その理由

2018.06.06

猫が食べてはいけない物を誤飲した!119で救急動物病院に連れて行った体験談

2018.01.13