猫がフラフラしている、ふらつく歩き方のときはすぐに病院へ行きましょう!私の体験談

猫の病気

猫も人間と一緒で病気をすることもあります。

友達が飼っていた猫の体験談をお伝えしたいと思います。

友達が買っていた猫はまだ2歳。若いですよね。何事もなく健康だったのですが、突然猫が歩くのがフラフラになってしまったのです。食事もできないくらいになってしまい、これは明らかにおかしいと思い、すぐに動物病院に猫を連れていったそうです。

獣医に見てもらった結果、もしかしたら脳卒中のような状態になっているかもしれないということで、薬をもらって、今は薬を飲みながら様子を見ている状態です。

ここで、猫を飼っている人に知ってほしいことは、猫がいつもと様子がおかしいと思ったらそのままにしておかないことです。友達の猫は薬を飲んでフラフラに歩くという状態が改善されました。

薬を飲むのが遅くなっていたら後遺症が発生していたかもしれないということです。

フラフラと歩くようになったら脳障害を疑いましょう。骨が悪くなっているときはフラフラ歩くときもできないので、脳の障害である可能性が高いのです。すぐに動物病院に猫を連れて行くことをおすすめします。

フラフラ歩く場合は以下の可能性も考えられます。

  • 中耳炎
  • 糖尿病
  • 神経の部分に腫瘍ができている

獣医さんに伝えるポイントも把握しておきましょう。

  • 歩き方が最初におかしくなったときはどんな歩き方をしていたのか
  • よだれなどは出ていなかったか
  • 気になったことは他になかったか

人間の場合は脳卒中になるのは年齢を重ねてからがほとんどだから、猫もそうなんじゃないかと思っていたのですが、猫は若い年齢でも脳の障害になる恐れもあるということなのです。

それとMRIで脳を詳しく見ないといけない可能性もあろと言われたそうで、その場合は10万円くらいかかってしまうそうです。

猫の治療費は高額になることが多く、人間と違って全額負担です。ペット保険というのもあるようですので、自分の飼っているペットを守るためにも心配な人はペット保険に入るのもおすすめです。

関連記事:

猫のペット保険に入っておけば良かったと後悔した猫の病気「白血病」

2017.11.21

猫風邪対策は子猫も成人猫もしっかり!命の危険や他の猫にうつることも

2017.09.17