猫の目やにが多く、片目が開けられず片方の目だけ涙を流す時は病院へ!

猫の病気

「ねこの涙が多くなってショボショボしている時はすぐに病院に連れて行きましょう」

ペットショップで飼ったアメリカンショートヘアの話なのですが、小さい頃から元気で活発で、猫なのにずっと寝ているという事がなく、家中を良く走り回っていました。

身体が丈夫なので、元気な子で良かったね~と良く話していたのですが、5才を過ぎた頃から行動に落ち着きが出てきました。

メス猫だったので、ようやく女の子になったのかな?と笑っていたのですが、ある時窓際からベランダを覗いた時に、凄くまぶしそうな表情をしたのです。

確かにその日は天気が良く、カーテンを開けた瞬間だったので、強い日差しが一気に部屋に入ったのですが、ビックリするくらいにまぶしい顔をしたのでちょっと変だな…と思いました。

そのことを家族に話したのですが、猫だって太陽の光を一気に浴びたら眩しいでしょ、という話に落ち着いたのです。ただの考えすぎかなと思っていたのですが翌日、猫の顔を見ると目ヤニが増えているのです。いつも赤茶色の目ヤニはよくついているのですが、この日は一段と多いなと思いました。

動物病院へ行こうかどうか悩んだのですが、その日はたまたまいつも行っている病院が休みで行けなかったのです。大丈夫だろうと思い、翌日は連れて行こうと思いその日はそのまま過ごしたのですが、翌朝猫の目を見ると涙でいっぱいになり、ポロポロと涙をこぼしていたのです。しかも、目が痛くて開かないのか片方の目だけ涙を流しながら、ショボショボになっており上手く目が開けられないようでした。

これは大変だという事で、すぐに病院に連れていき検査をしてもらったのです。

検査は薬品を点眼して傷がないかどうかを確かめるものでした。

案の定、目に少し傷がついていたのです。

なぜ傷がついたのかというのは分からず、猫はグルーミングの時に自分でひっかいてしまうこともあるし、どこかにぶつけてしまうこともあるので、はっきりとした原因は分かりませんでした。

2種類の目薬を処方してもらい家でさしたのですが、嫌がって大変でした。

家族で抑えながらなんとか目薬をさせる状態でしたが、1週間もすればすっかり良くなり、涙もなくなったのです。

家猫だったのでまさか目に傷をつけていたとは思いませんでしたが、なんとなくいつもと違うなと感じたら、勝手な判断をせずに病院へ連れて行ってあげるのが安心だなと思います。