猫の歩き方が変!手や足を浮かしながら歩く時は爪が肉球に刺さっている可能性も

猫の病気

我が家で飼っていた猫は嬉しかったり、喜んだりすると必ずと言っていいほど爪研ぎをします。

何で爪研ぎをするかというと、私が拾ってきた木の切り株です。この木の切り株がお気に入りのようで、大体近くにいます。私が猫をさすったり、遊んであげると最後に切り株のところに行き爪研ぎをします。それが一連の流れとなっていました。

私の仕事が忙しくなり、あまり遊んであげることができなくなりました。

朝の出勤時間が早く、帰宅時間も遅いのでさすってあげることもあまりしなくなっていました。猫のお世話は他の家族がしていました。3週間ぐらい経過して、猫の歩き方に異変が起きました。

歩く時、右手を床にきちんと付けていないのです。そして、座っている時も右手を浮かせています。手をよく見てみると、爪が内巻きになっていて肉に刺さってくい込んでいる状態です。

出血もしています。見て、痛くて床に手をつけることができないんだとすぐに分かりました。そして、動物病院に連れて行きました。くい込んでいた爪を肉から抜き、切ってもらいました。

爪が伸びて切られていないこと、適度に切らないといけないと指摘されました。

今まで15年飼ってきて爪を一度も私達が切ったことないのに、どうして今頃こうなったのだろうと家族で話していました。

そういえば最近、猫が爪研ぎをしている姿を見ていないということが分かりました。私は、えっ!?と思いました。あれだけ喜んだり嬉しかったりすると、爪研ぎをしていたのにしていないことが判明したからです。

よく考えてみると、私は最近猫と遊んであげていないということが頭をよぎりました。遊んであげて猫が爪研ぎをしていたから、爪が伸びても削られて伸び過ぎることはなかったんだと思いました。

猫がかわいそうになり、ごめんねという気持ちになりました。

これからは猫に痛い思いをさせないように、仕事が忙しくても適度に遊んであげようと思いそうしています。今でも遊んであげると必ず爪研ぎをします。これが猫にとっていい習慣になっているので、私の仕事が忙しいという理由でかわいそうなことにならないように気をつけています。

爪を切られるのが嫌いな猫を飼っていたり、猫の爪が伸び過ぎない為にも適度に爪研ぎが出来る環境を作ってあげることをおすすめします。

猫ちゃんの爪切りはこまめにしてあげてください!

今や私も猫飼育歴25年となります。今は当たり前にしていることでも、初めて猫ちゃんを飼ったときは、知らないことばかりで、失敗から多くのことを学びました

その中の1つ。猫の爪切りです。

昔は猫を放し飼いで飼う方も多く、猫ちゃんも自由に外出し、木に登ったり、土を掘ったりとしていたので、爪は自然と削れていい長さをキープし、わざわざ爪切りしなくても大丈夫でした。だけど、今は室内飼いが基本で、猫ちゃんも家の中でゆったり寝ていることがほとんどだと思いますので、ほっておくと爪は伸び放題に。

新人猫ママだった私にも事件が起きました。

ある日の朝、愛猫の歩き方が変だったのです!前右足をかばいながらびっこを引いているのです。すぐに愛猫の前右足を確認してみると、人間でいう親指あたりの爪がドーナツのように円になっていたのです!

爪の先は、どこに・・・と恐る恐る確認してみると、なんと肉球の中に突き刺さっているではありませんか!!

痛くて、びっこを引く訳です。こんなになるまでどうして私は気づいてあげられなかったんだろう・・・とすごくすごく反省しました。

爪は伸びすぎて、幅も巨大化し、形はドーナツ、トローチといった感じです・・・そんな状態なので、ペット用の爪を穴に入れて切るタイプでは、切ることもできず、すぐに動物病院に連れて行きました。

幸いにも大きなケガではなく、先生に爪を切ってもらい、突き刺さった肉球を消毒してもらうだけでことが済んでよかったです。

この失敗体験から、猫ちゃんの爪を切らなければこういうことになるんだと、私は初めて知りました。それ以後、言うまでもなく定期的に爪切りするようになりました。爪切りをこまめにしてあげると、結構いいことづくめでした!

たまにしか爪切りしないと、猫も何をされるのかと恐怖で逃げ回り、それを追いかけながら切るので、飼い主もかなりの精神力と体力を消費しましたが、こまめに爪切りするようにすれば猫も慣れ、寝ている時にパチパチと短時間で済むようになりました。

また、爪が短ければ、猫ちゃんも頻繁に爪とぎしなくなり、壁をやられたってこともなくなるし、以前は抱っこしたら服に爪が引っ掛かり、糸が飛び出してしまったってことがしょっちゅうだったんですが、それもなくなりました。たかだが爪切りですが、侮れません!

こまめな爪切りは猫ちゃんにとっても飼い主にとってもハッピーをもたらしてくれます。

あんまり爪切りしてあげていないという方は、ぜひ今日から実践してみてください!

関連記事:

猫の足の裏の肉球周りの毛は切っても良い?切った方が良い理由と切り方

2018.07.13

【猫が爪切りを嫌がる、暴れる、痛い!】爪を切らせない時の注意点と方法

2017.09.11

猫の爪とぎを防止するおすすめのしつけとプチプラ方法!カーテン,ソファ,壁,柱がボロボロに

2017.07.18