猫がネギや玉ねぎを食べた場合は病院へ!溶血性貧血の病気の症状が出るかも

猫の病気

友人宅の猫がネギを食べてしまいました。

ネギに含まれているある成分を猫は分解できないため、猫の体には毒になり、溶血性貧血を起こしてしまいます。ネギに含まれる成分が赤血球を破壊してしまい貧血になるのです。最悪の場合は死を招いてしまいます。ネギだけでなく同じネギ属の植物のタマネギやニラを食べても危険です。

猫はもともと肉食動物なので、植物に含まれる成分をうまく分解できないそうです。人間は解毒力があるので食べても問題ないのですが、猫が食べると溶血性貧血などの症状を引き起こしてしまいます。

友人宅の猫は、ネギをそのまま食べたのではありません。すき焼きをしていてその残りがテーブルの上にのっていたのですが、猫がテーブルに乗って食べてしまいました。猫は普段バクバクとネギを食べることはないのですが、味噌汁やすき焼きなど何かに混ざっているものを食べてしまうことがあります。

猫がネギなどを食べてしまった場合は、すぐに病院についれていきましょう。友人も猫がネギを食べてしまったとわかったときには、すぐに病院につれていきました。病院では適切な処置をしてくれるので、早く病院に連れて行けば命に問題はありません。

猫がネギを食べないように飼い主さんも気をつける必要があります。

生のネギをそのまま食べることはほとんどありませんが、万が一食べてしまわないように、猫が近づくような場所には置かないようにしましょう。タマネギを常温保存している方はいると思いますが、これも気をつけてください。

ネギやタマネギなどそのものの保管場所に気をつけていても、ネギなどが含まれている料理を食べてしまうことがあります。友人の場合はすき焼きに入っているネギを食べてしまいました。料理のおいしそうなニオイに誘われて食べてしまうことがあるので、食事中は猫がテーブルの上に乗らないようにしたり、料理を出しっぱなしにしないように気をつけましょう。

気をつけていれば猫が食べることはありません。