【猫が夜中寝室に入れてくれと鳴く】どこで寝かせれば良い?場所や夜鳴き対策

猫の飼い方

夜中、寝室に入れてくれとせがむ猫に困りました。

私は室内で猫を飼っています。いちばん困るのが、夜中に寝室の前にきて部屋に入れてくれとせがむことです。かなりしつこくニャーニャー鳴き続けるため、睡眠の妨げとなることこのうえないです。

しょうがないと思って部屋に入れてやるのですが、大人しく寝るかと思ったらそうでもなく、元気に走り回ったりします。しばらくすると、今度は外に出せという。扉をあけっぱなしにしたまま寝るわけにはいかないので、これには困ります。

どのような対策ができるかというと、身も蓋もない話ですが、夜中は猫をゲージのなかに入れておくことです。

ただしゲージのなかに入れるのは夜寝るときだけです。それ以外の時間も閉じ込めておくと、猫にストレスがたまって体調を悪くしてしまうので気をつけてください。

猫は変化に敏感なので、きっちりした習慣をつくり、それを乱さないようにします。夜はここで寝るんだという意識を植えつけましょう。

またゲージはなるべく大きいものを用意してあげましょう。二段ベッドのような構造にしたり、キャットタワーを備えつけたりすれば、ストレスもたまりにくくなります。

<<Amazonで一番人気の猫のゲージ>>

<<楽天で一番人気の猫のゲージ>>

 

そのぶん昼間は広いスペースを自由に行動できるようにさせてあげましょう。

たくさん運動すれば健康にもいいですし、夜の寝付きもよくなります。ただし家の外に出す必要はありません。猫は外に出なくてもストレスにならないからです。むしろ外に出ることでストレスをためてしまうケースのほうが多いです。ずっと家のなかにいても、運動さえできていれば問題ありません。

猫のストレスにはサインがあります。

トイレ以外の場所で排泄をしたり、食欲がなくなったり、食べ物ではないものまで食べたり、自分の身体の同じところをなめ続けたり、攻撃的になったり、丸一日どこかに隠れて出てこなくなったり…このような行動が見られたときは猫にストレスがたまっている可能性が高いです。

そういう場合は、猫じゃらしなどのアイテムで遊んであげたりして、ストレスを解消してあげましょう。

猫ってこんなに鳴くの?!夜泣きの対策

初めて猫をお迎えした方が、まず驚くのは猫の夜泣きでしょう。

私が初めて保護猫をお迎えした際も、とてもびっくりしました。離れた部屋に寝ていたのにも関らず、夜中に聞こえてくる猫の鳴き声。かなりの音量で鳴いているのです。

しかも、夜泣きは1日で終わらず翌日も翌々日も、夜になり部屋を離れると鳴き始めます。おかげで、寝不足になってしまうほどでした。

私の家では保護活動団体のベテランさんの勧めで、ケージ飼いをしています。そのため、ケージ飼いの場合の夜泣き対策をご紹介します。

夜泣き対策として行ったのは、夜泣きに反応しないこと、ケージに布をかぶせることの2つです。

猫は見知らぬ場所で独りぼっちとなり、寂しさから夜泣きをします。そのため、夜泣きに1度でも反応して構ってしまうと、味をしめて夜泣きする癖がついてしまいます。夜泣き癖をつけないためにも、心を鬼にして夜泣きは無視しましょう。

ケージへ布をかぶせるのは猫にとって安心するようです。見知らぬ場所で逃げ場が無いため、目隠しして人の視線を遮り、広い部屋と隔離された状態にすることで、猫は安心できます。

飼い始めた猫には安全な場所であること、安心できる場所であることを知ってもらわなければなりません。

もし、飼い始めたばかりでないのに夜泣きをするようであれば、寂しさからではなく他に問題があるはずです。食事の量やトイレ、体調など気にしてあげてください。思いつく限りのことをしても、直らないようであれば獣医さんに診てもらいましょう。

飼い猫の寿命は延びています。長い付き合いとなるため、飼い主も飼い猫も気持ちよく過ごせるようにしていきたいですよね。

飼いたての猫の夜泣きには、反応しないことと、ケージに布をかぶせることが大切です。

お困りの際には試してみてください。夜泣きが続く日数は猫によって異なります。

私の家の猫は3日ほどで治まりましたが、1か月続く猫もいるそうです。

焦らず、根気よく付き合っていきましょう!

関連記事:

【猫のストレスの原因や行動】外出禁止、寒さ、引っ越しの環境変化で鳴く

2018.02.27