絶対に逃げ出させない!室内猫の脱走防止におすすめな対策方法

猫の外出、脱走

室内飼い猫を脱走させないための対策を紹介します。

友人が飼っている猫が脱走してしまいました。

友人の家では猫を室内飼いしています。ときどき窓の外を眺めていることがあって、外で遊びたいのかなと思うことがあったそうですが、外に出すと喧嘩をしてくる猫がいるかもしれないし、迷子になってしまうかもしれないし、病気をもらってくるかもしれないし、いろいろと不安があるので外に出すことはありませんでした。

普段は外にでないように気をつけています。ちょっと玄関が開いたときなども、外に出ようとすることはありませんでした。外で動いている鳥などに興味はあるようなのですが、外に出ることには不安があるのかもしれません。

それなのに、掃除をするときに窓を開けたら猫が外に逃げてしまったのです。普段掃除をするときには、猫を別の部屋に移しているのですが、そのときはなぜだか忘れてしまっていました。

猫が外に出ないようにするには、飼い主さんが気をつけなければなりません。

窓や玄関が空いていればそこから逃げてしまうので、窓など開けるときには十分に注意が必要です。

窓など開ける際には、近くに猫がいないことを確認しましょう。

掃除をするときに窓を開けるなら、猫を別の部屋に移しましょう。

また、鍵がかかっていないと猫が自分で開けてしまうことがあるので、大丈夫だろうと気をゆるめず、きちんち鍵をかけておくことも重要です。

お客さんが見えるときには、ケージに入れておくとよいでしょう。猫が動きまわれるような大きめのケージに入れてあげてください。

子猫のときに外に出さなければ、自分から外にはでにくくなるといわれています。外に出たことがない猫にとって、外の世界は怖いところなのかもしれません。

幸いにも、友人の猫は保健所に連絡をした見つかりました。早く見つかってよかったです。普段は気をつけているのにうっかりして猫が脱走してしまったので、それからは今まで以上に猫が逃げないように気をつけていて、猫が脱走することはないそうです。

室内飼いの猫の脱走防止策!先手必勝、念には念を

猫は完全室内飼いにしよう、というのが最近の常識のようです。外に出すと行方不明や交通事故、怪我をしたり野良猫から病気をうつされたりする可能性もあります。またよそのお宅への糞尿の被害も、飼い主の責任です。それ以前に、大切な猫がいなくなってしまったら、悲しいですよね。

数か月前のこと、友人から「猫が脱走しちゃったんだけど、どうしよう。近所を探し回ったし、庭に餌もまいたりしたんだけど見つからない。」と電話がありました。

私の場合、猫が脱走してからあまり時間がたたずに確保した経験がありますが、時間がたってしまった場合はすでに遠くに行っている可能性もあります。また時間がたてば交通事故に遭う危険性も高くなります。最近は猫探しのプロに頼むという方法もあるようですが、必ず見つかるという保証はありません。

「脱走したらどうしよう」と考える前に、脱走防止策を万全にする方が良いでしょう。

まず必要なのが、玄関対策です。

人が出入りする時に玄関から脱走!というのがよくあるようです。我が家の猫もお留守番の時は、人が帰ってくるのを玄関で待っていました。小心者だったので飛びだすことはありませんでしたが、外の様子には興味があるようでした。ドアを開ける時は一気に開けず、ほんの少し、猫の頭が通らない程度開けて中の様子をうかがってから、というのが我が家のルールになりました。

その後引っ越してからは、リビングと玄関の間にドアがあったので、必ずそのドアを閉めておき、猫は玄関に出さないことを徹底しました。ちなみに引き戸を開けてしまう猫や、ドアノブに体重をかけて開けてしまう猫など、動画サイトにも時々出ています。

そういう場合は、更なる注意が必要です。つい先日遊びに行ったお宅では、襖にストッパーをつけていました。ドアノブも、可能であれば縦方向(下向き)にしておいて、横に押し上げて開ける方式(通常の反対)にできればいいかもしれません。

窓も要注意です。

猫が通れないくらい細く開けている場合などでも、大人の大きな猫は自分で窓を開けてしまうことがあります。今までやったことがなくても要注意。

普通の網戸などは簡単に開けてしまいます。アコーディオン網戸や横引きの網戸も注意が必要です。開けることはできなくても、猫が下の方をぐいぐい押せば隙間が開き、脱走できるのです。実際うちの猫がこれで脱走しました。

また、猫の運動能力を侮ってはいけません。

我が家の猫はジャンプして欄間を飛び越えたことがあります。そしてその隣の部屋の窓が少し開いてていて、そこから脱走成功!欄間に猫の通れるような隙間がある場合は、塞ぎましょう。ホームセンターなどでカット可能な透明の板を買ってくれば、自分でもできます。透明板なら見た目もそれほど悪くなく、暗くもなりません。

外に出たがる猫、賢い猫の場合は想定外の行動を取る可能性があります。普段からよく猫を観察して、先手必勝を目指しましょう。抜け目のない猫ちゃんとの攻防戦となるかもしれませんが。

結局友人宅の猫は未だ見つかりません。人懐こい猫だったので、どこかのお家で飼われているといいのですが。

関連記事:

元外飼いの猫や野良猫を引っ越しをきっかけに室内で飼うのはストレスにならない?

2018.05.19

猫を庭で遊ばせるため囲いフェンスを設置した飼い主さんの体験談や費用

2018.04.08

室内飼いがおすすめ!猫を家(部屋)の中で飼う方が病気になりにくくて良い理由

2017.11.19

猫がいなくなった!帰ってこない時の見つけるコツや、いる場所は?

2017.11.15

猫を家の中で飼うなら猫に合わせた室内レイアウトを!部屋作り、片付け、注意点は?

2017.11.14

室内猫を外で散歩や遊びをさせた方が良い?猫を外に出す時の注意、気を付けること

2017.08.09

【つらい、悲しい、愛猫が脱走した体験談】外に出た猫の探し方や捕まえ方

2017.06.28