猫は高い場所は大丈夫じゃない!高いところから落ちると怪我する体験談

猫の病気

猫が2階のベランダから飛び降りると骨折します。

猫は高いところから飛び降りても大丈夫な印象がありますが、猫も高いところから落ちれば怪我をします。

友人はマンションの2階に住んでいるのですが、猫がベランダから落ちて骨折をしてしまいました。

友人宅の猫は普段ベランダにでることはあまりなく、ベランダに出てもおとなしく外を見ているだけでした。そのため、友人は安心をして猫がベランダから落ちないような対策はしていませんでした。

しかし、あるときベランダに鳥が飛んできて猫が鳥に飛びついてベランダから落ちてしまったのです。たまたま友人は自宅にいるときだったのですぐに発見できて、すぐに動物病院に連れて行ったので、命に別状はありませんでした。しかし、骨折をしていたので治療をしてもらったそうです。

治療をしてもらったので現在は猫は元気にしています。

猫は高いところから落ちても大丈夫な印象があったので何もしていなかったのですが、この事件があってから猫をベランダに出さないようにしました。

ベランダに網をはっておくとさらに安心できます。猫が飛び降りそうもない7階などの高層でも猫が飛び降りてしまったというケースがあるので注意をしてください。

猫が飛び降りても安全な高さは約2.5m1階の屋根くらいの高さです。肥満猫の場合はもっと低くなります。個体差があり、もっと高い場所から降りても何ともない猫もいるようです。しかし、猫の安全を考えて対策をしておいた方がよいでしょう。

また、危険な場所はベランダだけではありません。室内でも重量物とともに落下をして怪我をすることがあります。子猫の場合は特に注意が必要です。台所に置いてあったフライパンとともに子猫が落下をして怪我をした、机の上のキーボードとともに猫が落下をして骨折、といったこともあるようです。

成長期の猫ははしゃぐことが多いので、猫の通り道にはものを置かないようにしましょう。成猫になってからも、万が一のことを考えて重量物を高いところに置かないようにした方がよいでしょう。