猫のうんち(うんこ・糞)やおしっこが臭い!くさいトレイのにおいを消す方法

猫のトイレ、おしっこ、マーキング

クサイ!猫の糞のニオイは少なくできる食事方法を紹介します。

猫可愛いですよね。我が家にも2匹の猫がいます。可愛くて可愛くて仕方がない猫ですが、悩みのタネも尽きません。

何と言っても「糞の臭い」が困りませんか。飼い始めの子猫の時はオシッコもウンチもかわいい臭いですが、成猫になってくると臭いが増してきます。

我が家も猫トイレが臭くて、砂から糞尿を取り出す作業が嫌で嫌で仕方がありませんでした。来客がある時など、「クサイと思われたら嫌だなあ」と思っていたものです。そこでどうしたら糞の臭いを軽減できるか考えました。

なぜ猫の糞は臭いのでしょう?

猫の食事はほとんどが動物性タンパク質です。人間でもそうですが、食事のタンパク質の含有量が多いと便は臭くなります。これはタンパク質を過剰摂取すると吸収されなかったタンパク質が腸内で悪玉菌の餌になってしまい、腸内環境が悪くなってしまうからです。

猫の体重比率で考えた場合、人間の4〜5倍以上のタンパク質を摂取しているので当然便が臭いんです。

またキャットフードの匂いが便の臭いと関係しています。キャットフードの匂いが強いと便の臭いも強くなります。

そして猫は当然体を舐めます。実はこのグルーミングは自分の体臭を隠すためと考えられているんです。

では糞の臭いを減らすにはどうしたら良いのでしょうか?

私が行った解決策は食事を見直すことです。

具体的には私はキャットフードを替えました。

替えるまでは何も考えずに魚由来のキャットフードを与えていたんです。

猫には魚と決めつけていましたが、他のタンパク質でもいいだろうと考えたんです。主には鳥由来のキャットフードです。そして食事の与え過ぎを止めました。ちゃんとタンパク質の量を調節して食事の量を決めるようにしました。勿論、猫の食事にタンパク質は必要不可欠ですのでタンパク質の減らし過ぎはいけません。食事のタンパク質の含有量を体重の5倍くらいまでを目安にしました。

すると今までのような鋭い刺激臭では無くなっていったんです。もちろん無臭にはなりませんが。

いかがでしたか。猫の糞の臭いでお困りの方は、是非食事の内容を見直してあげてみてくださいね。

<<Amazonで一番人気のキャットフード>>

<<楽天で一番人気のキャットフード>>

 

猫の排せつ物(うんちやおしっこ)がクサイ時の対策

つい、子猫の愛くるしい見た目や、そのしぐさに惑わされて、衝動的に猫を飼ってしまった場合、誰もが衝撃を受けてしまうのが、その排せつ物の強烈なニオイではないかと思います。

ここで、あえて、「排せつ物」と表現したのはなぜかといいますと、一般的に猫に限らず、人や犬・その他多くの動物の「ウンコ」が臭いことは誰にでも想像ができると思います。しかし、猫の場合、その「オシッコ」も想像できないほど強烈なニオイを放つからです。

では、実際に、猫のオシッコがどれほど強烈なニオイかといいますと、私が、はじめて、家の周りを歩いていた野良の子猫を抱っこしたときのことです。その子猫は、予想もしなかった突然の抱っこに驚いたのか、恐怖のあまりオシッコをしてしまったのです。それと同時に、オシッコのかかった私の手や洋服から、ツーンと鼻をつく、例えようのない悪臭が漂ってきたのです。

私は、慌てて洋服を脱ぎ、石鹸で手を洗いましたが、その強烈なニオイは、いつまでたってもなかなか消えることがありませんでした。そのくらいの強烈なニオイなのです。

そこで、猫を家の中で飼おうとすると、どうしてもトイレの問題に直面することになります。とにかく臭いので、まずは、家中で所構わず自由に排せつされないように、トイレのしつけが必要になります。

その前に、まずは、トイレを購入します。

私は、選定基準としては、排せつ時にお互い顔を合わせなくて済むことや、猫の砂ができるだけ外に出ないこと、排泄物が放置されていてもニオイの漏れが抑制されることを重視し、猫用で上までカバーされているものを購入しました。

そして、トイレからオシッコが漏れないようにシートを敷き、その上に砂を敷きます。私の場合は、当初、砂の代替品として販売されている、木材チップを利用した香りつきのものを購入しました。

次に、トイレの準備が整ったら、置き場をどこにするかということになりますが、できるだけニオイが漏れても構わないような場所にした方がよいと思います。私の場合は、浴室の脱衣所に置くことにしました。

次に、いよいよ猫のしつけです。私の猫の場合は、家に来た当初、家の隅などに隠れるようにして排せつしていたので、そのオシッコを拭きとったティッシュをトイレに入れてみたのですが、意外なほど、あっさり覚えてくれました。

そして、後始末ですが、私の場合は、専用のゴミ箱を用意し、それを勝手口の外に置いています。排せつ後、すぐに外に出せる点が便利です。

以上で、トイレについては一通りご説明しましたが、他にニオイ対策として、いくつかご紹介しておきたいと思います。

まず、猫のエサですが、室内で飼うのであれば、ドライタイプのキャットフードで「室内猫用」がおすすめです。以前は、もっと価格の安いものや、生タイプのものを与えていたこともありましたが、「室内猫用」に変えてから、排せつ物そのもののニオイをかなり抑えられました。

次に、少し触れましたが、猫の砂です。当初、木材チップを利用した香りつきのものを使用していましたが、今はもっとしっかり香りのついた粘土を固めたような砂を使用しています。

最後に、芳香剤ですが、あまりにもニオイがきつい場合には、トイレのそばに、置き型タイプのペット用芳香剤を置いておくことや、来客等に備えて、スプレータイプのペット用芳香剤を常備しておくこともおすすめですので、どうぞ参考されてみてください。

猫のウンチのニオイが臭い時、餌とトイレの場所を見直す

猫のおしっこが臭くてビックリしましたが、ウンチも臭いです。部屋を閉め切っているときには、特にウンチのニオイは気になります。

でも、どうして猫のウンチは臭いのでしょうか。

ウンチの成分は、剥がれ落ちた腸壁、水分、消化しきれなかったものなどです。タンパク質や脂質など消化吸収されなかったものは大腸に届きます。大腸には悪玉菌・善玉菌・日和見菌が棲みついているのですが、悪玉菌はタンパク質が好物です。消化しきれずに大腸に届いたタンパク質は、腸内の悪玉菌のエサになり、悪玉菌が繁殖をします。

ニオイの原因は悪玉菌が作り出す物質です。猫のエサにはタンパク質や脂質が多く含まれていて、消化しきれず大腸に届くと悪玉菌のエサになって、悪玉菌が増えてウンチが臭くなってしまうのです。

ウンチのニオイがすごいときにはエサの見直しが必要になります。

キャットフードといってもさまざまです。キャットフードに使われる主な成分は、肉や魚といったタンパク質を豊富に含むものや、穀物などエネルギー源になるものです。その他に、酸化防止剤や防腐剤などの添加物が加えられていることもあります。

質が悪いキャットフードだと、鶏の羽や骨など人間が食べられないようなものが混入をしていたり、油が酸化していたりします。こういったものは消化不良を起こしやすく、消化しきれなかったものが大腸に届いて悪玉菌のエサになり、ウンチのニオイの原因になります。

ホームセンター、ドラッグストア、通販などでさまざまなキャットフードが販売されていますが、どのような原料が使われているのか確認をして選びましょう。

エサを変えてもある程度の臭いは仕方がありません。そのため、トイレの置き場所を工夫も必要です。

湿気がこもりやすく風通しが悪い場所は、いつまでも臭いがこもります。風通しを考慮してトイレを設置してみてください。

ウンチをしたらすぐに片づけることも大切です。ウンチは健康状態を表すので、捨てる前にウンチの状態を確認してみてください。

猫も人間も快適に過ごせるように、できることからニオイ対策をしていきたいですね。

<<Amazonで一番人気のキャットフード>>

<<楽天で一番人気のキャットフード>>

 

猫のトイレの臭いを臭わなくする工夫や対策

側にいてくれるだけで癒される、とっても可愛い猫ちゃん。ただ気になるのが排泄物のにおい!

ペット可でも、広さのないワンルームで飼っているとどこに居ても臭いますし、猫ちゃん用のお部屋があるような広いお家でも、入るたびに強烈なにおいがしますよね。

それに清潔好きの猫ちゃんへの影響も心配です。そこで私が試した臭わないようにする工夫を紹介します。

①1つ目は、消臭効果のあるトイレ材を使うことです。

最近はスーパーやドラッグストアにもペット用品が置いてありますので、近くのお店で購入することができます。様々なメーカーの商品があるので、いくつか試してみるのもお勧めです。また、消臭スプレーも併用するともっと効果的です。

<<Amazonで人気>>

<<楽天で人気>>

 

②2つ目は、トイレをこまめに掃除することです。

これは猫を飼っている方は皆さんしていらっしゃるかと思いますが、私の場合は最低でも1日1回、普段は臭わないように排泄したら掃除をするようにしています。毎回掃除をするのは猫は非常に綺麗好きなので健康の為にも掃除は毎日心掛けてくださいね。

最近は、できるだけ楽に排泄物を取れるトレイもあります。

<<Amazonで人気>>

<<楽天で人気>>

 

③3つ目は、排泄物を捨てるゴミ袋を脱臭性のあるものに変えることです。

飼い主さんのお住まいの地域によっては、毎日ゴミを出すことができない場合もありますよね。そんな時普通のゴミ袋だと、きっちり封をしてあっても置いているだけで匂いがします。

特に夏場は不衛生にもなりますし、来客があるような時には匂いが心配です。ですので、なるべく密閉できるようなもの、脱臭効果があるものを使うことをお勧めします。

<<Amazonで人気>>

<<楽天で人気>>

 

猫の排泄物独特の刺激臭には、愛猫家の皆さんも一番悩まされると思います。可愛い猫ちゃんのためならトイレ掃除も苦ではないとはいえ、鼻は誤魔化せないですよね。

毎日掃除をして、猫ちゃんの健康にも自分の健康にも悪影響がないようにしていきたいですね。

今回紹介した方法は①トイレ材は消臭効果のあるものを使う、②掃除はこまめに行う、③ゴミ袋は脱臭効果があるものを使う、の3つです。どれもすぐに試してすぐに効果のあるものですので是非試してみてください。

猫のトイレのうんちやおしっこの臭い対策

猫は本能的に自分の排泄物を隠したがります。最初のクセづけが上手くいけば必ずトイレで排泄します。そして、トイレの砂で隠します。我が家の猫は最初からトイレでしか排泄しませんでした。

ただ、どうしても気になるのが匂いです。オシッコは独特のアルカリ臭がしますし、大きい方もなかなか、くさいです。なるべく小まめに掃除していましたが、匂いは気になっていました。

対策として、

①まずトイレの砂の量を多くすることにしました。

効果はそれなりでしたが、猫が安心してトイレを使うようになりました。十分に隠すことができないと猫は不安になるようです。

②次にトイレの砂の種類を変えてみました。

もともとは紙系の素材の砂を使っていました。鉱物系の砂に変えてみたのですが匂いが和らぎました。また、オシッコも固まりやすく掃除がしやすかったです。

木材系の砂も試しました。これが消臭効果が高いそうです。ただ砂が崩れて粉末状になるので猫の足に残りやすく掃除もしにくかったです。オシッコで固まった部分が崩れてしまうとキレイな砂と混ざってしまいます。ということで我が家のトイレの砂は鉱物系です。

<<Amazonで人気の猫の砂>

<<楽天で人気の猫の砂>>

 

③さらに、トイレ自体を壁付き屋根付きに買いかえました。

消臭効果としては、これが1番大きいかもしれません。子猫のうちは間に合わせで買った屋根のないトイレを使っていました。猫が排泄物を隠すときに砂をかき散らします。結構な勢いです。飛び散りますので、それも合わせて解決するには、最初から屋根付きの立派なトイレを買うのが1番かもしれません。

当たり前ですが、小まめな掃除が1番の対策となります。猫はトイレが汚いとオシッコをしなくなるそうです。すると他の場所で粗相をするようになり、せっかくの躾や工夫も無駄になってしまいます。

出来れば立派なトイレを買い、砂をきちんと選ぶことです。たっぷり砂を入れて小まめに掃除をすると、匂いはそこまで気にならなくなります。特に砂選びに関しては、自分が掃除することまでを考えて選びましょう。私はしっかりと固まる砂が良いと思っています。

ただ、他の砂に比べると重いです。不燃物になりますから、ゴミ捨ても気をつけてください。

<<Amazonで人気の猫のトイレ>>

<<楽天で人気の猫のトイレ>>

 

関連記事:

猫のおしっこやうんちでゴム袋からにおいが漏れて臭い!新聞紙や消臭剤でもダメならこれがおすすめです

2018.04.07